【レパードS/データ攻略】3歳ダート重賞は今年も波乱に期待 使者となるのは「夏男」騎乗の伏兵馬

前編ではメイショウムラクモルコルセールの明暗を分けるであろうデータについて取り上げたが、後編ではデータ面から浮上する穴馬候補2頭を取り上げる。

◆【前編】ダート界に突如現れた新星ルコルセール 立ちはだかる「複勝率0%」データ

■データが導く2021レパードSの穴馬候補は?

<穴候補1 レプンカムイ>

前走は同世代で今回も覇を競うホッコーハナミチ相手に2着。さらなる上積みは厳しい印象にも映るが、今回は「人」の部分の後押しが味方する。

・鮫島克駿の2021年夏重賞成績【1-3-0-1】

カレンモエ、ファストフォース、カイカノキセキ、そしてライオンボス。人気馬から人気薄まで持ってきてしまう好調ぶりは見逃せない。左回りの成績【2-1-0-0】も含め、穴馬としての資格は十分だ。

<穴候補2 ハンディーズピーク>

穴馬と呼ぶにはやや人気寄りかもしれないが、この馬もデータ面での上積みが大きい。

・左回りの成績【2-0-0-0】

その内訳はレコード勝ちの新馬戦、先行して上がり3F最速で駆け抜けた1勝クラス。中身が伴う勝利だった点は強調材料と言えるだろう。コントレイルを思わせるノースヒルズ系列の勝負服×福永祐一コンビで臨む今回、警戒を強めたい1頭だ。

◆【レパードS2021/人気傾向】荒れる3歳ダート重賞も1番人気は素直に信頼、複勝率は驚愕の「80.0%」

◆【レパードS2021/枠順】3連勝中のルコルセールは過去10年未勝利の6枠に 好成績の枠は要注意

◆【レパードS2021/脚質傾向】上位人気想定のホッコーハナミチ、脚質面からも素直に信頼か

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「レパードS」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします