【プロ野球】後半戦3連勝の巨人は松山でヤクルトと連戦 パ首位オリックスは新外国人右腕が初先発へ

▼セ・リーグ対戦カード

■8/17~8/19:DeNAvs 阪神(東京ドーム)
■8/17~8/19:中日vs 広島(バンテリンドーム)
■8/17~8/18:ヤクルトvs 巨人(松山)

◆日ハム中田、今季の復帰厳しく 栗山監督が考え示す

■好スタートを切った巨人が連勝街道で首位奪取を狙う

後半戦勝ち越しスタートの阪神は、東京ドームでDeNAと対戦。初戦に先発する青柳晃洋東京五輪ではリリーフで結果を残せなかったが、今季の対戦防御率が0点台のDeNA相手に本来のポジションで本領発揮なるか。

3戦目には藤浪晋太郎が4月23日以来の先発登板となる見込み。打者では大山悠輔が広島との3連戦で3本塁打と好調だ。DeNAは左脇腹炎症から復帰した濵口遥大が5回無失点と好投した6月25日の阪神戦以来となる先発マウンドに上がる。

ゲーム差なしの4位争いとなる中日広島の3連戦は、初戦に広島の森下暢仁、第3戦に中日の大野雄大の金メダリストが先発する。今季の対戦成績は広島が8勝4敗2分と大きくリード。投打ともに圧倒している。

広島は、今季の中日戦の対戦打率.340の菊池涼介に期待。中日としては、今季の広島戦の対戦打率.178の高橋周平の奮起を待ちたい。

リーグ戦再開後、3連勝で首位阪神に1ゲーム差と肉薄した巨人は松山でヤクルトと2連戦。初戦に先発する髙橋優貴は現在リーグトップの9勝で自身初の2ケタ到達が目前。ヤクルト戦は今季2試合の登板で2勝0敗、防御率3.46と好成績を残している。攻撃陣はウィーラーが今季のヤクルト戦で対戦打率.500、丸佳浩が同.400と好相性で、丸は14日の試合で2本塁打をマークするなど調子は上向きだ。

対するヤクルトは、東京五輪でも本塁打を放った村上宗隆が今季の巨人戦で対戦打率.391、6本塁打をマークしており、今季巨人戦初先発となる高橋奎二を援護できるか。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします