【MLB】大谷翔平の安打と盗塁に野球少年たちが大興奮 同僚トラウトも称賛「ショウヘイはアメージングだ」

ヒットを放つエンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、ペンシルベニア州ウィリアムズポートで行われたクリーブランド・インディアンス戦に「1番DH」でスタメン出場。第1打席に右前安打を放つと、すかさず今季19個目の盗塁を決めた。2打数1安打2四球で打率.270。

チームは0-3で敗れ、借金2となった。この日の試合は「リトルリーグ・クラシック」と称され、多くのリトルリーグ関係者がスタジアムに詰めかけた。大谷ら選手たちは試合前に野球少年と触れ合うイベントに参加。会場には大谷のサインを求め、長蛇の列ができていた。

【動画】長蛇の列も優しく対応 リトルリーグの子供たちにサインする大谷

■大谷のサインを求め子供たちが長蛇の列

ペンシルベニア州ウィリアムズポートは、毎年リトルリーグのワールドシリーズが行われる“少年野球の聖地”。メジャーでは当地での試合を「リトルリーグ・クラシック」という冠をつけ、年に1度開催している。この試合を全米に中継した「ESPN」の公式Twitterをはじめ、多くのMLB関連SNSは「オオタニ、時間をかけてサインに応じる」などとつづり、試合前の交流イベントを紹介しつつ、大谷の前にできた行列の様子をアップした。

また、エンゼルスの公式Twitterは粋な演出。ダイヤモンドに並べたスタメンの名前とともに、その選手たちの少年時代の写真を掲載。大谷に関しては、水沢リトル時代と思われる写真が使用された。

さらに同Twitterは、選手やマドン監督から野球少年たちへのメッセージ動画も公開しており、大谷は「こんにちは、大谷翔平です。水沢リトルリーグ出身です。好きな選手はイチロー選手で、好きな食べ物はチョコレートです」と笑顔でコメントしていた。

■強烈な安打と今季19個目の盗塁をマーク

野球少年たちの期待を一身に背負った大谷は第1打席、二塁手のグラブを弾く強烈なヒットで出塁すると、1死後、3番アップトンの打席で今季19個目となる盗塁を決めた。第2打席は四球、第3打席は三振。第4打席は「ショーヘイ」コールが響く中、再び四球を選んだ。結局、試合は相手右腕クワントリルらの前にエンゼルス打線が沈黙。完封負けを喫したが、大谷は3出塁を果たし、リードオフマンの役割をまっとうした。

テレビ中継のゲストとして登場し、インタビューに応じたエンゼルスのマイク・トラウトは、今季の大谷ついて問われると「アメージング。本塁打40本で防御率は3点以下。まるでリトルリーグを見ているようだ」と返答。改めて、大谷が行っている異次元のプレーを称賛した。

23日(日本時間24日)の休養日を挟み、24日(同25日)からは敵地でボルチモア・オリオールズとの3連戦。大谷は25日(同26日)に先発マウンドに上がる予定となっており、本塁打とともに今季9勝目が期待される。

◆大谷翔平が敵地ファンから大歓声を浴びる理由とは? マドン監督が独自見解「ハーウェルに育てられたから」

◆大谷翔平、打点トップに1差肉薄で“タイトル総なめ”モード 指揮官はサイ・ヤング賞にも言及「候補だ」

◆大谷翔平が越えた伝説の「ミスター・オクトーバー」レジー・ジャクソン

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします