【プロ野球/セ・リーグ】好調ヤクルトが東京ドームでDeNAと3連戦、好調な投打で勝ち越せるか

▼セ・リーグ対戦カード

■8/27〜8/29:ヤクルト vs DeNA(東京ドーム)
■8/27〜8/29:広島 vs 阪神(マツダスタジアム)
■8/27〜8/29:中日 vs 巨人(バンテリンドーム)

◆【パ・見どころ】オリックスはソフトバンクと対戦 山本と宮城の二枚看板で首位固めを狙う

■阪神、巨人は敵地で勝ち越しなるか

首位まで2.5ゲーム差の3位ヤクルトは東京ドームでDeNAとの“ホームゲーム”3連戦。初戦に先発する奥川恭伸は4試合連続クオリティスタートを継続しており、自身3連勝中。DeNA戦は初対戦となった前回登板で7回1失点と好投し、勝ち投手になっている。打撃陣ではサンタナが今季のDeNA戦で対戦打率.400をマークし、2戦目以降の先発が予想されるロメロ今永昇太からも高打率を残している。

対するDeNAは牧秀悟が25日の試合でサイクル安打を達成するなど、8月は月間打率.478と手が付けられない状態。先週の東京ドーム6連戦では4失点以内に抑えれば負けはなく、投手陣の踏ん張りが期待される。

首位の阪神は敵地で最下位広島と3連戦。阪神はトップバッターの近本光司が前カードのDeNA3連戦で12打数6安打を記録するなど、8月の月間打率は.370と絶好調。

広島は対戦相手との相性の関係で阪神戦の先発に回った大瀬良大地が自身3連勝中と好調で、8月13日の同カードでは7回1失点で勝ち星を挙げている。

阪神を2ゲーム差で追う2位巨人は、4番の岡本和真が最近6試合で打率.375、2本塁打、4打点と調子を上げている。今季の中日戦は対戦打率.203、敵地バンテリンドームでは打率.174と苦手としている中で調子を維持できるか。

対する4位中日は溝脇隼人が8月の月間打率.474、堂上直倫が同.313、加藤翔平が同.304と、伏兵のバットに期待だ。

(成績は8月26日時点)

◆【今週の注目打者】阪神・佐藤輝明、データで見る打撃の進化 8月のOPSは1.035

◆阪神&巨人と「3強」を形成するヤクルト 2年連続最下位チームは何が変わったのか

◆巨人・中田翔の移籍後初死球にスタンドどよめく 左手の甲直撃も大事には至らず

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします