【格闘技/RIZIN.30】圧勝宣言の朝倉海、兄・未来を倒した”ボンサイ柔術”の使い手に「凶暴な試合を」

朝倉海(C) RIZIN FF

19日にさいたまスーパーアリーナで行われる「Yogibo presents RIZIN.30」のメインマッチを飾る朝倉海は17日、オンラインで記者会見を行い、アラン“ヒロ”ヤマニハとの対戦カードについて語った。

冒頭、「やることはやった。試合が楽しみ」と今の心境を口にした朝倉は、アラン“ヒロ”ヤマニハの印象について「ボンサイ柔術の選手だが、打撃も組みも寝技も全部やる、オールラウンダーな選手」と語った上で、試合展開については「圧倒して勝つ」と自信を覗かせた。

また、決勝に向けてどんな試合がしたいかという質問に対して朝倉は「(1番注目されるメインイベントなので、)RIZINでしかできない試合を体現したい」「とにかく激しい試合を、“凶暴な試合”をできたら」と意気込んだ。

◆【9.19「RIZIN.30」さいたまスーパーアリーナ】全10試合の対戦カード、試合結果、中継情報一覧、「朝倉海 vs. アラン“ヒロ”ヤマニハ」は第10試合

■身体づくりは過去1番の仕上がり

身体づくりに関しては「今回は過去1番に仕上がった」とした朝倉。自身の作り込んだ身体をSNS上にも度々投稿している。その理由について、「寝技の展開を増やして組み技での筋力が増したから」としたが、「柔術の練習は結果的に多くはなったが、今回の相手を意識してのことではない」と付け足した。

今回のメインマッチに対するプレッシャーについては「そんなに関係ない。自分のやれる試合をするだけ」と語り、「トーナメント戦なので、他の選手と比べられることもあると思うので、大晦日に繋がるインパクトをできるだけ残したい」と熱い胸の内を告白。

また次の対戦相手について質問を受けると「誰でもいい」としながらも、「お客さんの求めているカードにしたい」「観客の要望に沿った組み方をしてほしい」と語った。

◆【朝倉海の公開練習】「RIZIN.24」で対戦した戦友・昇侍との打ち合いを披露、対戦相手には「そんなに脅威は感じてない」

◆【9.19「RIZIN.30」さいたまスーパーアリーナ】全10試合の対戦カード一覧、「朝倉海 vs. アラン“ヒロ”ヤマニハ」は第10試合

◆【9.19「RIZIN.30」さいたまスーパーアリーナ】中継・配信、PPV視聴方法はこちら

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします