オールカマー

Advertisement

【オールカマー/追い切り診断】タイトルホルダーを上回る「S」の最高評価 「この相手でも重賞Vを意識できる」コラム

【オールカマー/追い切り診断】タイトルホルダーを上回る「S」の最高評価 「この相手でも重賞Vを意識できる」

■ローシャムパーク 【中間調整】3歳シーズンの昨年はGIにこそ出走しなかったものの、5カ月ぶりのセントライト記念で3着に入り良血馬らしい高い素質をアピールした。今年に入ってからは条件戦で3戦2勝。オープン入り初戦として臨…

【オールカマー/追い切り診断】ジェラルディーナを凌ぐ「A」の高評価 「持てる力を存分に発揮できる状態」コラム

【オールカマー/追い切り診断】ジェラルディーナを凌ぐ「A」の高評価 「持てる力を存分に発揮できる状態」

■タイトルホルダー 【中間調整】ここまで菊花賞、天皇賞・春、宝塚記念を制している国内最強馬の一角。5歳シーズンの今年は日経賞を8馬身差でブッ千切り絶好の滑り出しを決めるも、前走の天皇賞・春では京都コース独特の下り坂に戸惑…

211108_uma_turf_gettyコラム

【オールカマー/追い切り診断】連敗中の伏兵がタイトルホルダーに並ぶ高評価 「好気配の前走よりさらに上」

■マリアエレーナ 【中間調整】重賞勝ちは昨年の小倉記念のみだが、大きな不利があった昨年秋の天皇賞で0秒7差7着、馬場の悪いところを通らされた今春の大阪杯で0秒5差5着などポテンシャルは一線級と見劣らないものがある馬。連覇…

【オールカマー/追い切り診断】人気のGI馬に“まさか”の辛口評価「B」 「ここはいかにも叩き台といった感」コラム

【オールカマー/追い切り診断】人気のGI馬に“まさか”の辛口評価「B」 「ここはいかにも叩き台といった感」

■ジェラルディーナ 【中間調整】昨年は叩き2戦目だったオールカマーを制し、その勢いに乗りエリザベス女王杯も制覇、有馬記念で3着と充実の秋を過ごした。それを考えると今年前半の3戦はやや物足りなさもあるが、前走・宝塚記念では…