菊花賞

Advertisement

【菊花賞/追い切り診断】ソールオリエンスがまさかの……「B」辛口評価 「前進気勢がやや強く、距離の壁が立ちはだかるかも」コラム

【菊花賞/追い切り診断】ソールオリエンスがまさかの……「B」辛口評価 「前進気勢がやや強く、距離の壁が立ちはだかるかも」

■ソールオリエンス 【中間調整】無敗の3連勝で皐月賞馬となった現3歳世代のトップ級ホース。日本ダービーで初の敗北を喫したが、これは勝ったタスティエーラに最高に巧く乗られた感があり、ソールオリエンス自身は初の左回りで若干だ…

【菊花賞/追い切り診断】タスティエーラに迫る「A」の高評価 「前走以上の好気配で親仔制覇へ挑めそう」コラム

【菊花賞/追い切り診断】タスティエーラに迫る「A」の高評価 「前走以上の好気配で親仔制覇へ挑めそう」

■サトノグランツ 【中間調整】“東上最終便”の京都新聞杯で鮮やかな差し切り勝ちを収め、日本ダービーへ勇躍進出。しかし本番では大外18番ゲートが仇となり、好発を決めるも位置取りは後ろに。腹を括っての待機策が裏目に出て、0秒…

【菊花賞/追い切り診断】サトノグランツに並ぶ高評価は想定“6人気”前後 「成長カーブ急上昇、充実しまくりの感」コラム

【菊花賞/追い切り診断】サトノグランツに並ぶ高評価は想定“6人気”前後 「成長カーブ急上昇、充実しまくりの感」

■ドゥレッツァ 【中間調整】1勝クラスへの格上げ初戦だった今年1月のセントポーリア賞はハ行のため取り消しとなったが、立て直されて臨んだ中山芝2200mの山吹賞を正攻法から快勝、以降ホンコンJCT、日本海Sを条件戦で破竹の…