【ゴルフ/ZOZOチャンピオンシップ】松山英樹、2日目単独首位で3日目がスタート

松山英樹(C)ロイター/Yukihito Taguchi-USA TODAY Sports

米男子ゴルフツアーの日本開催、ZOZOチャンピオンシップは22日、千葉県の習志野CC(パー70)で第2ラウンドを行い、松山英樹が単独首位に浮上。23日、第3ラウンドをスタートさせている。

◆<速報>ZOZO選手権3日目 首位の松山英樹はパー発進

■「完璧なラウンドではなかったけど」

この日、2位で出た松山は3バーディー、1ボギーの68で回り、通算8アンダーの132。記者団に対し、「完璧なラウンドではなかったけどよく戦った。満足しています。いい位置で終われているので明日(23日)も頑張りたいなと思います」とコメントした。

キャメロン・トリンゲール(米国)が1打差の2位につけ、マット・ウォレス(英国)とブレンダン・スティール(米国)がさらに1打差の3位で追いかけている。前日首位の岩田寛は通算4アンダーの7位タイ、片岡尚之は20位タイ、稲森佑貴小平智は30位タイ。

◆まるで全英のようだけど… マット・ウォレスは極寒+雨の悪天候も「好きだよ」

◆「飛ぶか飛ばぬか分からない」 松山英樹がスタートホールで見せた悪天候へのアジャスト

◆見てると体が痛い!? 細身の飛ばし屋が優勝争いに名乗りを挙げる「ヒデキとプレーできたら」

文・SPREAD編集部=ロイター


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします