【プロ野球/1日予告先発】智弁和歌山から広島入り、ルーキー・小林樹斗がプロ初登板

プロ野球は1日、明治神宮野球場で「ヤクルト対広島」の今季最終戦が行われる。

ヤクルトは6年目の高橋奎二が登板。今季はここまで12試合に先発し、防御率2.42。来季はローテーション定着を目指す大切な一年になる。10日からはCS・ファイナルステージを控えており、チームを後押しする好投でアピールしていきたいところだ。

対する広島の先発は小林樹斗智弁和歌山からドラフト4位で入団した右腕が、プロ入り初登板のマウンドに上がる。強力燕打線を相手にどのようなピッチングを見せるか、注目の一戦。

◆大躍進ヤクルトが警戒すべきは「捨て身の巨人」 理論派OB・秦真司が警鐘を鳴らす“CSの落とし穴”

予告先発・試合時間の詳細は以下の通り。

■セ・リーグ

ヤクルト-広島

明治神宮野球場
試合時間:18:00
予告先発
 ヤ:高橋奎二[防御率2.42、4勝1敗]
 広:小林樹斗[今季初登板]

◆オリックス、前年最下位からリーグ優勝達成の要因とは…… CS突破のキーマンも考察

◆中日、12球団最速で来季1軍コーチングスタッフ発表 残留は1人、陣容を刷新

◆ロッテの鳥谷敬内野手が現役引退

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします