【アルゼンチン共和国杯&みやこS/騎手データ】条件合致で驚異の「連対率50%超」、東西重賞で軸にすべき4人とは

7日は東京競馬場でハンデ重賞のアルゼンチン共和国杯(GII、芝2500m)、阪神競馬場でチャンピオンズCの前哨戦・みやこS(GIII、ダ1800m)が行われます。

なお、例年京都ダ1800mで行われるみやこSは京都競馬場の大規模改修工事のため、今年も阪神で開催されます。そのためみやこSの過去データは参考程度に留めたいところ。アルゼンチン共和国杯は2002年の中山開催を除く2000年以降のレースを集計対象に過去データをまとめました。みやこSは2006年以降の阪神ダ1800m、かつOP以上のレースを集計対象(主な集計対象はアンタレスS、ベテルギウスS)にデータをまとめています。

それでは気になる騎手データを見ていきましょう。

◆【AR共和国杯2021予想/データ攻略】波乱含みの難解ハンデ戦 有力馬を後押しする「好走テリトリー」とは

【アルゼンチン共和国杯/データ攻略】波乱含みの難解ハンデ戦 有力馬を後押しする「好走テリトリー」とは

■戸崎圭太騎手が抜群の成績、軸候補に

今年のアルゼンチン共和国杯に乗り鞍があり、2000年以降のアルゼンチン共和国杯で騎乗経験があるのは次の12騎手です。


[2000年以降]アルゼンチン共和国杯の騎手別成績(2002年の中山開催を除く)

データから一目瞭然ですが、アルゼンチン共和国杯で他の騎手と比べて抜けた数値をマークしている騎手が2名います。

1人目が今年の秋華賞をアカイトリノムスメに騎乗し優勝した戸崎圭太騎手。

2013年のアスカクリチャン(7人気1着)を筆頭に2016年のアルバート(4人気2着)、2019年のタイセイトレイル(5人気2着)、昨年のラストドラフト(6人気2着)など7頭全てを人気以上の着順に導いていますね。連対率は66.7%、複勝率は83.3%にまで上り、軸に最適な騎手と言えるでしょう。今年、同騎手は伏兵級の扱いを受けそうなディープインパクト産駒のレクセランス(牡4、栗東・池添)に騎乗予定。この騎手が跨る以上、押さえる必要がありそうです。

■高い数値を残すM.デムーロ騎手も買い

そして抜けた数値をマークする2人目が先週アルテミスSを制したばかりのM.デムーロ騎手。

古くは2003年のナチュラルナイン(1人気2着)、2017年のスワーヴリチャード(1人気1着)など少ない騎乗機会の中で3度の馬券絡みがあります。なお【M.デムーロ騎手】と【関西馬】の組み合わせはここまで【1-0-1-0】の勝率50%、複勝率100%に該当する『熱い』データ。今年は関西馬のマイネルウィルトス(牡5、栗東・宮)に騎乗予定ですから、複勝率100.0%継続となるかに注目ですね。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします