【MLB】公式サイトがイチロー氏の27試合連続安打に再注目 「20試合以上の連続安打を7度も記録」と称賛

マリナーズ・イチロー(C)Getty Images

MLB公式サイトは先日、メジャー各球団でチーム史上最長となる連続試合安打を記録した選手の紹介記事を掲載した。その中で、ジョー・ディマジオ氏ら多くのレジェドとともにイチロー氏もシアトル・マリナーズにおける記録保持者として紹介され、改めてその偉業に注目が集まっている。

◆松坂大輔の引退セレモニーにイチロー氏登場 米メディアも「心温まる瞬間」と感動伝える

■マリナーズの歴代最多安打もマーク

MLB公式サイトは「各チームの最長連続試合安打」と題し、特集を組んだ。まず同サイトは、ニューヨーク・ヤンキースのジョー・ディマジオが1941年に打ち立てた56試合連続安打というメジャー記録は“異次元”とし、現在この記録に挑むことは現実的ではないと記した。ただ、各球団にはそれぞれ独自の記録があり、その数字は現役の選手にとって魅力的な目標になるのではないかと指摘し、各チームの連続試合安打記録保持者を紹介した。

シアトル・マリナーズで2009年に27試合連続安打を達成しているイチロー氏について、記事は「マリナーズの歴代最多安打記録(計2542安打)を持っているイチローは、同時に球団史上最長の連続試合安打記録も有している」とし、さらに「イチローはマリナーズで20試合以上の連続安打を7度も記録している」と称賛した。

イチロー氏は2001年から12年途中までマリナーズに在籍。ヤンキースなどでプレーした後、18年から再びマリナーズに加入した。なお、大谷翔平の所属するロサンゼルス・エンゼルスでは、ギャレット・アンダーソンが1998年に記録した28試合連続安打が最長。

同選手は08年にも23試合連続安打をマークするなど輝かしい足跡を残しており、その数字は大谷の新たな目標となるかもしれない。今季限りで現役を引退した松坂大輔さんの引退セレモニーに登場し、その立ち居振る舞いが脚光を浴びたイチロー氏だが、刻んだ数字にも改めて称賛が集まっている。

◆大谷翔平のMVP獲得にチーム公式SNSも日本語で祝福 イチローとの握手シーンも

◆イチロー氏、お馴染みの“練習着姿”も… 米ファン困惑「なにを着ているんだい」

◆イチローさん、高校生を指導 体動かす、国学院久我山

文・SPREAD編集部



この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします