【F1】最終年最終戦最終周でホンダが30年ぶりの年間王者を奪取 「挑戦が報われ感無量」と田辺TD

真ん中の白いシャツが山本雅史MD、その前列がフェルスタッペン、右端の白シャツが田辺TD(C)Getty Images

ホンダF1参戦最終年最終戦最終周、レッドブル・ホンダマックス・フェルスタッペンが、歴代最多の100勝以上を挙げ7度の王者を獲得しているメルセデスAMGルイス・ハミルトンを抜き去り、ホンダに30年ぶりのドライバーズ・チャンピオンをもたらした。いったい、誰がこんな幕切れを予想しただろうか。

◆【実際の動画】ドラマのような逆転劇に実況も大興奮!感動のファイナルラップをノーカットで

■2020年に突然の撤退を発表

ホンダは2020年10月2日、せっかく勝てるようになったF1の活動を「2021年シーズン限りで終了する」と発表。「マクラーレン・ホンダ」そして、アイルトン・セナとのコンビで80年代後半、87年から91年までドライバーズ・チャンピオン5連覇を果たしたホンダ・パワーユニットながら、その後の挑戦では苦い思い出ばかりだった。

2000年に日本のモータースポーツ・ファンを歓喜させた第3期の参戦では06年第13戦となったハンガリーGPでジェンソン・バトン果たしたわずか1勝のみで08年に撤退。よもやよもやの結末に日本中のファンが臍を噛んだことだろう。

第4期2015年には、かつて黄金期を築き上げた「マクラーレン・ホンダ」として復帰。だが、ここでもフェルナンド・アロンソ、バトンという元チャンピオン・ドライバー2人を擁しながら1勝も挙げられず17年シーズン限りで提携を解消。18年にはトロ・ロッソ(現アルファタウリ)にエンジンを供給、この流れで19年にレッドブルとコンビを組むと、第9戦オーストリアGPでフェルスタッペンがホンダに13年ぶりの勝利をもたらす。このシーズンは3勝を挙げ、コンストラクターズ・ランキングも3位に浮上。20年は2勝に終わったものの、17戦中13度の表彰台を獲得し、ランキングも2位につけていた。そんな最中のF1撤退発表だっただけに、ファンを驚きとともに悲嘆にくれた。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします