【スポーツ回顧録】世界GPのチャンピオン・ロードを疾走する日本人ライダーたち

2003年4月6日に行われたスカイウォッカグランプリに出場した加藤大治郎、最後の雄姿(C)Getty Images

世界を舞台にもっとも日本人が活躍しているスポーツとは何か」そう問われたら、あなたは何と答えるだろうか。

柔道、スピードスケート、スキー、水泳……大リーグでは、野茂英雄佐々木主浩が、サッカーのセリアAでも中田英寿が活躍している。しかし、今年中にも「チャンピオン」の称号を得ることができるのは、どのカテゴリーだろう。

そんな中でモーターサイクルの世界グランプリ(WGP)は、間違いなく、日本人王者を生み出す最短距離にある。しかも、125cc、250cc、500ccと全3クラスすべてで、チャンピオンが誕生する可能性すらある。

4月9日、鈴鹿で行われたシーズン第3戦、日本人ライダーが3クラス中、1位から3位までの計9つの表彰台のうち8つを占める快挙が達成された。125ccの優勝は宇井陽一、2位上田昇、3位に東雅雄、250ccでは加藤大治郎が優勝、2位に宇川徹、3位に中野真矢、500ccでは阿部典史が優勝、2位にはケニー・ロバーツ・ジュニアが入ったものの、3位は岡田忠之だった。日本のオートバイメーカーが世界を席捲してから久しい。しかしほんの数年前、いったい誰が今日の快挙を予想しただろうか。

◆ひとつの時代の終焉 バレンティーノ・ロッシの引退

■1970年代に始まる日本出身チャンプの系譜

残念ながら、それでも日本国内における2輪世界グランプリの知名度は低い。日本スポーツ界の7不思議ひとつだ。モータースポーツといえば、日本でもF1グランプリや、CARTが人気だ。だが、1987年に中島悟という初のフルタイムF1ドライバーが誕生する10年前、2輪の世界グランプリでは、すでに日本出身チャンピオンが誕生している。

1977年、ヤマハを駆る片山敬済は、参戦していた350ccクラス(現在は廃止)で「ライジング・サン」の異名を取り、見事世界チャンピオンに輝いた。実績では、日本人ドライバーよりも日本人ライダーのほうが上。もっと注目を浴びてしかるべきカテゴリーだろう。

片山はその後、ホンダのGP参戦とともに500ccにステップアップ、2ストローク全盛のグランプリにおいて、ホンダが威信をかけて送り込んだ4ストローク・マシン「NR500」の開発にそのキャリアのほとんど奪われてしまい、自身「あの3年間は棒に振った」と後の吐露するほど。82年のスウェーデンGPで1勝を挙げるに留まった。

3年連続日本チャンピオンに輝いた平忠彦をしても、250ccで1勝を挙げたのみ。しかしそのシーズンオフの日本でのレースで、ウエイン・ガードナー(豪)、エディ・ローソン(米)らチャンピオンを立て続けに破り優勝。ローソンをして「平の時代が間違いなく来る」と言わしめたにもかかわらず、1年限りでグランプリ・フル参戦を取りやめ、マシン開発に専念してしまった。こうして、1980年代は日本人チャンピオンが生まれることなく幕を閉じた。

■日本人チャンプが席捲する90年代

ところが90年代に入ると、日本人ライダーは一気に開花する。ミニバイクレースなどで、バイクのレース参加へのすそ野が広がり、レース参戦が低年齢層化したことが、その要因と言われる。「キング」ケニー・ロバーツ以降、ダートトラックを経験したアメリカ人ライダーが80年代、そのテクニックを世界グランプリに持ち込み、ヨーロピアンを凌駕。ローソンフレディ・スペンサーウェイン・レイニーケビン・シュワンツらのチャンピオンを輩出した時期に似ている。

92年の全日本250ccチャンピオン、原田哲也は、93年から250ccに参戦。初戦で初優勝を飾ると、あれよあれよという間に勝ち進み、同年そのまま250ccチャンピオンに輝いた。片山がチャンピオンを獲得して以来、実に16年ぶりの出来事だった。原田は、250ccで通算14勝をマーク。現在は、イタリアのメーカー、アプリリアでマシン開発を担当しながら、次のチャンスを虎視眈々と狙っている。

125ccでは、日本人チャンピオンが続々と誕生した。アプリリアから参戦していた坂田和人が94年に奪取すると、95、96年は青木治親が2年連続でホンダにタイトルをもたらした。98年には再び、坂田が返り咲き、同クラスは「日本人ライダーのためのカテゴリー」という様相を帯びた時期もあった。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします