【MotoGP】ひとつの時代の終焉 バレンティーノ・ロッシの引退

引退レースとなったバレンシアGPでのバレンティーノ・ロッシ(C)Getty Images

F1が自動車レースの最高峰と謳われるように、モーターサイクル・レースにおいて、やはり最高峰とされるのがMotoGPである。

FIM Road Racing World Championship Grand Prix」として1949年にスタートした世界選手権はかつて「World GP」、日本では「WGP」または「世界GP」と呼ばれていた。2001年までその最上位は2ストロークの500ccクラスだったが、2002年よりMotoGPとして4ストロークをメインとするカテゴリーへと切り替わった。2016年からは正式名称も「FIM Grand Prix World Championship」へと変更され「MotoGP」という略称が定着しているものの、私のような古いライダーからすると、いまだに「WGP」の文字列のほうがしっくり来るものだ。

◆【スポーツ回顧録】「Che Spettacolo!」 バレンティーノ・ロッシの4連覇

■ロードレースの王者の系譜

最上位クラスにおいて、その時代時代の「王者」が君臨して来た歴史も他スポーツと同様だ。

最初に3連覇を果たしたのはMotoGP殿堂入りを果たしているジェフ・デューク(英)。イタリアのジレラを駆り1953年から55年まで王者に君臨。マン島TTレースも5度制覇し、現在でもそのコースには彼の名を冠したコーナーが存在する。

1960年代はイタリア・メーカー、MVアグスタの全盛期となり、1958年から60年まではジョン・サーティース(英)がやはり3連覇。62年から65年まではマイク・ヘイルウッド(英)が4連覇、66年からはジャコモ・アゴスティーニ(伊)が7連覇を果たし、「アグスタ・ダイナスティ」を築き上げた。アゴスティーニは75年にもヤマハで王者に返り咲き、同クラスを8度制覇している。

サーティースはご存知の通り第1期ホンダF1において最後の1勝を挙げたF1ドライバーでもあり64年にはドライバーズ・チャンピオンにも輝いた、2輪4輪の最高峰で王者についた稀有な人物でもある。

ヘイルウッドもまた伝説のひとり。「マイク・ザ・バイク」とまで呼ばれ、2輪で王者となった後にF1デビュー。その後、38歳でドゥカティにまたがり、マン島TTを制してしまう。これを記念しリリースされたマシンがドゥカの「マイク・ヘイルウッド・レプリカ」。長らくバイク乗りの憧れの1台とされて来た。

アゴスティーニは全GPカテゴリー計15のタイトルを保持、これは今もって不滅の記録として輝く。我々の世代にとっては「マルボロ・ヤマハ」の監督として馴染み深い。

以降もキングことケニー・ロバーツ(米)が78年から、90年からはウェイン・レイニー(米)がそれぞれ3連覇。ホンダのマイケル・ドゥーハン(豪)が94年から5連覇を果たした。

こうした歴史の中、2000年代に綺羅星のごとく現れたのがバレンティーノ・ロッシ(伊)だ。96年に125ccでWGPデビューを飾ると97年に同クラスでチャンピオンに、250ccにステップアップすると99年にチャンプに。

満を持しホンダから500ccデビューを果たすと2001年には初タイトル。MotoGPへと切り替わったこの最高峰クラスで計7度も王者を獲得。開催されているGP全クラスで王者となる前人未到の偉業を成し遂げた。

2000年代には「ロッシ時代」は永遠に続くのではないかという幻想まで抱かせた。ロッシはモーターサイクル界に君臨したルイス・ハミルトンであり、ミハエル・シューマッハーだった。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします