【ダカール・ラリー】ステージ7をBRXのセバスチャン・ローブが制し、総合2位に前進 首位はトヨタがキープ

総合2位に返り咲いたBRXセバスチャン・ローブの激走(c)A.S.O./ Florent Gooden / DPPI

世界ラリーレイド選手権(W2RC)開幕戦、「ダカール・ラリー2022」は9日、前日の安息日を挟み、いよいよ後半戦がスタート。サウジアラビアの首都リヤドを後にし、アル・ダワディミを目指す700kmのラリーレイドとなった。この間、設定された400kmのスペシャル・ステージでは、世界ラリー選手権(WRC)で9度王者となっているBRXセバスチャン・ローブがトップ・フィニッシュ。今大会2度目のステージ制覇を果たした。

◆7日目ステージ6はBRXのオーランド・デラノバが制す セバスチャン・ローブは総合3位に後退

■BRXが総合2位に浮上

ローブのBRXはステージ終盤にエンジン・トラブルを抱え、タイムを失ったが、それでも2位に入ったTOYOTA GAZOO Racingナッサー・アルアティヤに5分26秒のアドバンテージを築いた。3位には7分43秒遅れで、アウディカルロス・サインツ Sr.

総合2位につけていた地元サウジ、Overdrive Toyota(ODT)を駆るヤジード・アルラジは10分3秒遅れの5位となったため、ローブに6分以上の差をつけられての、3位転落となった。

ステージ7結果

1. Sébastien Loeb/Fabian Lurquin (Bahrain Raid Xtreme) 3h09m32s
2. Nasser Al-Attiyah/Mathieu Baumel (Toyota Gazoo Racing) +5m26s
3. Carlos Sainz/Lucas Cruz (Audi) +7m43s
4. Stéphane Peterhansel/Edouard Boulanger (Audi) +9m40s
5. Yazeed Al Rajhi/Michael Orr (Overdrive Racing Toyota) +10m03s

総合順位(ステージ7終了時点)

1. Nasser Al-Attiyah/Mathieu Baumel (Toyota Gazoo Racing)23h52m22s
2. Sébastien Loeb/Fabian Lurquin (Bahrain Raid Xtreme) +44m59s
3. Yazeed Al Rajhi/Michael Orr (Overdrive Toyota) +53m31s
4. Lucio Alvarez/Armand Monleon (Overdrive Toyota) +1h15m09s
5. Kuba Przygónski/Timo Gottschalk (X-raid Mini JCW) +1h30m04s

◆6日目ステージ5はトヨタのヘンク・ラテガンが初勝利を挙げる 総合順位はナッサー・アルアティヤとセバスチャン・ローブの一騎打ちか

◆2022年世界ラリーレイド選手権初開催 トヨタは3年ぶりのダカール・ラリー奪還を誓う

◆「世界一過酷」な大砂漠のレース、その光と影 ダカールラリー2021を振り返って

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします