【ゴルフ】松山英樹が猛チャージ「63」で単独2位浮上 首位と2打差で最終日へ

ソニー・オープン単独2位に浮上した松山英樹(C)ロイター

米男子ゴルフのソニー・オープンは15日(日本時間16日)、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で第3ラウンドを行い、5位タイでスタートした松山英樹は7アンダーの63で回り、2位に浮上した。

◆【実際の映像】猛チャージで単独2位浮上 松山英樹が披露した会心のバーディー動画

この日の松山は7バーディー、ノーボギー。通算16アンダーの194とした。ラッセル・ヘンリー(米国)が通算18アンダーで単独首位をキープしている。

日本勢は、小平智が通算10アンダーの18位タイ、中島啓太が通算7アンダーの39位タイとなった。

◆金谷拓実と中島啓太に米メディアが熱視線 「松山に続く存在」「非常に有望」

◆頭をよぎった4年前の敗戦 松山英樹のマスターズ制覇の裏にあった“サンデーバックナイン”の感情

◆ゴルフ界21歳の新怪物・中島啓太 国内ツアーに続き「アジアアマV」の快挙で世界が絶賛

文・SPREAD編集部=ロイター


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします