【格闘技】プロアマ無敗の修斗王者、平良達郎がUFCと契約締結 沖縄出身の22歳がオクタゴンデビューへ

(C)Getty Images

米国のスポーツエージェント会社「Iridium Sports Agency」(イリディアム・スポーツ・エージェンシー)は4日(日本時間5日)、公式SNSを更新し、第8代修斗世界フライ級王者の平良達郎UFCとの契約を締結したと発表した。

◆【一覧】堀口恭司や朝倉海もランクイン、バンタム級最強は……MMA世界バンタム級ランキングTOP50

■デビューから無敗継続中

沖縄出身の平良は現在22歳。アマチュア修斗選手権などで経験を積むと、2018年8月に修斗でプロデビュー。現在までキャリアを通じて無敗(アマ10戦10勝、プロ10戦10勝)と圧巻の戦績を残している。

1月にはUFC選手なども所属するイリディアム・スポーツ・エージェンシーとの契約が発表され、今後は海外に拠点を置きながらのUFC参戦に期待が高まっていたが、スピード決着でオクタゴンへの切符を手に入れた。

沖縄からアジア人男子初のUFC世界王者誕生に向けて、まずはデビュー戦での活躍に期待したい。

◆修斗の世界王者・平良達郎がUFC挑戦「3年以内に戴冠」

◆元RIZIN王者プロハースカは惜しくも2位 海外メディアがMMA階級別最強ファイターを選出

◆元RIZIN王者マネル・ケイプの次戦決定 実力伯仲の“チベットの鷲”と激突へ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします