【北京五輪】日本、フィギュア団体初メダルは銅 ロシア圧巻の優勝

フィギュアスケート団体で銅メダルを獲得した日本(C)ロイター/USA TODAY Sports

2022年北京冬季五輪は7日、フィギュアスケート団体の競技を行い、日本は合計獲得ポイント63点で銅メダルを獲得した。同競技で日本初のメダルとなる。

◆坂本花織 ノーミス演技でガッツポーズ 148.66点 日本は銅メダル

■ロシア圧巻の優勝

ペア・フリーの三浦璃来木原龍一組が自己ベストの139.60点で2位に入る奮闘を見せ、メダル獲得が確定。アイスダンス・フリーでは小松原美里小松原尊組が98.66点の5位に終わったが、シングルのフリーで坂本花織がシーズンベストの148.66点で2位につけた。

女子個人シングルで金メダル最有力候補のカミラ・ワリエワを擁するロシア・オリンピック委員会(ROC)が合計74点と圧倒的な強さを見せて金メダル。米国が合計65点で銀メダルを獲得した。

◆【北京五輪/フィギュア】男女シングル 滑走順、結果・順位速報、中継情報一覧

◆【北京五輪/フィギュア】男子シングルSP滑走順確定 注目の羽生結弦は21番、宇野昌磨は22

◆羽生結弦vs.ネイサンチェンは「日米決戦」と米紙報道「エレガントな羽生を倒すには…」

文・SPREAD編集部=ロイター


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします