【北京五輪/スピードスケート】高木美帆、大本命1500mは2大会連続の銀メダル 五輪新のブストに0.44秒届かず

北京五輪2戦目で銀メダルを獲得した高木美帆(C)Getty Images

北京五輪は7日、スピードスケート女子1500メートルが行われ、世界記録保持者の高木美帆は1分53秒72を記録し銀メダルを獲得した。金メダルは逃したが、通算4個目のメダルとなり冬季五輪では日本人最多となった。

金メダルは五輪新記録の1分53秒28をマークしたイレイン・ブスト(オランダ)、銅メダルはアントワネット・デヨング(オランダ)。日本勢は佐藤綾乃が1分54秒92で4位、高木美帆の姉・菜那が1分55秒34で8位だった。

【北京五輪/スピードスケート】高木美帆、500m自己ベスト更新で「銀」 会心のレースで通算5個目のメダル

◆高木美帆は銀獲得も「率直に悔しい」女王に敬意「ブスト選手が強かった」

■金メダルのブストとは0秒44差

「スーパー中学生」としてバンクーバー五輪に出場し注目を集めた高木美は、2回目の五輪出場となった平昌大会での同種目でブストに0秒20差で敗れて銀メダル。女子1000メートルでは銅メダル、女子団体追い抜きでは金メダルを獲得した。

高木美は今五輪で5種目最大7レースに挑戦。500メートル、1000メートル、1500メートル、3000メートル、団体パシュートに出場する。4種目以上でメダルを獲得すれば、冬季五輪では日本勢歴代最多となる。

【北京五輪/スピードスケート】高木美帆、500m自己ベスト更新で「銀」 会心のレースで通算5個目のメダル

◆【一覧】羽生結弦や小林陵侑だけじゃない…「Sports Illustrated」が選出した日本人メダリスト候補一覧

◆小林陵侑、高梨沙羅らが初代王座を狙う 新種目・スキージャンプ混合団体の滑走順、中継情報

◆日本、フィギュア団体初メダルは銅 ロシア圧巻の優勝

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします