【北京五輪】冨田せな、ハーフパイプ日本女子勢初メダル 攻めの姿勢で勝ち取った銅

北京五輪で銅メダルを獲得した冨田せな(C)Getty Images

北京五輪は10日、スノーボード女子ハーフパイプ決勝が行われ、前回の平昌大会で8位の冨田せなが88.25点で銅メダルを獲得した。日本人の女子選手が同種目でメダルを獲得するのは、1998年の長野大会で新種目として採用されて以来7大会目にして初の快挙。冨田が日本ハーフパイプの歴史を塗り替えた。

金メダルは94.00点で平昌五輪から2連覇達成のクロエ・キム(アメリカ)、銀メダルは90.25点のケラルト・カステリェト(スペイン)。日本勢はせなの妹・冨田るきが80.50点で5位入賞、現役高校生の小野光希が71.50点で9位だった。

◆【実際の映像/ハイライト】銅メダリストの冨田せな、高さあり技ありの大胆滑走で魅せる!より高みを目指して攻め続ける姿勢に注目

■冨田は攻めの姿勢を崩さず

冨田せなは、1月22日に行われた世界トップクラスの選手らが集う招待制大会「Xゲーム」で悲願の初優勝を果たし、うれし涙を流した。今大会の決勝も1回目で86.00点といきなり高得点をマークすると、2回目はさらに高さもあり、高難度の技に挑戦することで88.25点と得点を上げて3位につけ、3回目はさらに上位を目指し大技を狙うも結果は転倒。世界大会初優勝の勢いそのままに、挑戦を貫く攻めの姿勢で、見事に銅メダルを獲得した。

11日には男子ハーフパイプ決勝戦が行われる。男子は3回目の五輪出場で金メダル最有力の平野歩夢、歩夢の弟・海祝、さらに平野流佳戸塚優斗と日本勢4人が決勝戦に進出している。

◆【実際の映像/ハイライト】銅メダリストの冨田せな、高さあり技ありの大胆滑走で魅せる!より高みを目指して攻め続ける姿勢に注目

◆【男子ハーフパイプ】予選1位通過の平野歩夢 決勝へ向けて「トリプルコーク1440の完成度極めたい」

◆【北京五輪】開会式で気づかされた「日本」の凋落 ニッポンは「オワコン」となるのか

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします