【北京五輪/フィギュア】羽生結弦「最高の4回転アクセルができた」 記者会見で演技前日の捻挫吐露も

記者会見に臨んだ羽生結弦(C)Getty Images

94年ぶりとなる五輪3連覇を目指したフィギュアスケートの羽生結弦は14日、北京市内にあるオリンピックのメインメディアセンターで、質問に回答するという形式で記者会見を行った。

羽生は、冒頭で「このような形の中で、正直ここまで来るとは思ってなかった。ありがとうございます。新型コロナウイルスの陽性者出る中で、取材で多人数が集まってしまい、このような機会を設けました」と記者会見を開いた理由を明かした。

◆歴史的な残像を焼きつけたクワッドアクセルと羽生結弦の闘い

■「普通の大会だったら、棄権していた」

羽生は10日に行われたフリースケーティング(FS)で4回転アクセル(クワッドアクセル)に挑戦も転倒。FSは188.06点、SPとの合計283.21点で4位に終わった。羽生は、試合後に「4回転アクセルはたぶん今までの中で一番近かったと思いますし、今できる羽生結弦のアクセルのベストがあれかなという感じもしています」とコメントしていた。

また今日、4回転アクセルの挑戦に関する質問について「(本番の)前日の練習で足を痛めて捻挫した。思ったよりも酷く、普通の試合なら棄権していた。あと10日は安静にしないといけない状況で、6分間練習の前に痛み止めを打ちました。ただ、最高のアクセルができた」と話した。

◆羽生結弦記者会見、4回転アクセルに「手を差し伸べてくれたのは9歳の自分」

◆海外メディアも羽生結弦を速報 「時代を築いた」「影響力と勢いは比類ない」

◆フィギュア世界王者のチェンが羽生結弦を語る「ライバル関係とは言えない」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします