【北京五輪/フィギュア】坂本花織がSP自己ベスト更新、79.84点で3位発進  1位は82.16点のワリエワ

坂本花織(C)Getty Images

北京五輪のフィギュアスケートは15日、女子シングルのショートプログラム(SP)を行い、日本勢トップは坂本花織で3回転ルッツを決めるなど自己ベストを更新する79.84点で3位だった。1位はカミラ・ワリエワ(ROC)。3回転フリップを着氷させ、圧巻の演技で82.16点を記録。

また、初のオリンピック出場となった樋口新葉は、73.51点で5位、全日本選手権でSP/FSともにトリプルアクセルを成功させ3位に輝いた17歳の河辺愛菜は62.69点で15位だった。

◆【随時更新中】北京五輪/フィギュア女子シングル 滑走順、結果・順位速報、中継情報一覧

■SP1位のワリエワは最終滑走

女子FS(17日、19時開始予定)

河辺愛菜:11番

樋口新葉:21番

アレクサンドラ・トルソワ:22番

坂本花織:23番

アンナ・シェルバコワ:24番

カミラ・ワリエワ:25番

◆4回転ジャンプ着氷のワリエワに相次ぐ称賛の声「歴史に名を残す」「4回転革命」

◆ワリエワは転倒しても強すぎる 他の選手を圧倒するスコア 五輪初の4回転成功

◆15歳ワリエワのドーピング疑惑 全てを知る「鉄の女」の沈黙に露メディアも猛批判

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします