【MLB】大谷翔平、「1番DH」でスタメン出場 昨季好成績の“登板翌日”に第1号アーチなるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は8日(日本時間9日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われるヒューストン・アストロズ戦に「1番DH」でスタメン出場する。

大谷は前日、MLB移籍後初の開幕投手として先発出場。投手としては5回途中、4安打9奪三振1失点と好投するも打線の援護に恵まれず、チームは1-3で敗れて黒星スタートとなった。打者としては、初回の打席から本塁打を狙った豪快スイングに徹し、場内がどよめく大飛球を放つ場面もあったが惜しくも一発はならず、4打数無安打に終わった。

◆【実際の動画】開幕投手・大谷翔平の『奪三振ショー』に本拠地ファンが熱狂! 大歓声に包まれた全9奪三振のプレーバックを一挙公開

■登板翌日は好成績の傾向

相手先発のジェイク・オドリッジは、昨季24試合に登板し6勝7敗、防御率4.21。大谷は2019年に対戦し、4打数無安打1四球1三振と、過去のデータを見る限り相性のよくない投手だが、ここ2年は対戦がなく未知数だ。

登板翌日の大谷は、高打率で本塁打数も多い傾向がある。昨季の登板翌日は、後半こそ振るわなかったものの70打数20安打9本塁打、打率.286を記録し、登板の前日や当日よりも好成績を残している。前日の試合では、外角低めの厳しいコースにもフルスイングで対抗していただけに、ファン待望の今季初アーチが飛び出すか、期待がかかる。

試合情報

エンゼルス-アストロズ
試合開始:日本時間4月9日(土)10:38
中継情報:AbemaTV、NHKBS1/サブチャンネル102

◆大谷翔平、爆笑の珍回答 水原通訳への大歓声は「気に食わなかった」 一問一答

◆大谷翔平と二枚看板を形成するノア・シンダーガードが初登板で快投 MLB公式も2人を「最強デュオ」に選出

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします