【X Games】日本のエース堀米雄斗と白井空良の強さの源にある関係性 表彰台独占の裏に見るパイオニア中村貴咲の功績 前編

堀米雄斗決勝1本目のランを終えた、すれ違いざまに白井空良とハンドシェイク 撮影:小嶋勝美

4月22日からZOZOマリンスタジアムで3日間に渡って行われた、日本初開催となるエクストリームスポーツの祭典「X Games Chiba 2022 Presented by YogiboXゲームズ)」が幕を閉じた。

終わってみればスケートボード競技で日本人スケーター達が大活躍を見せると共に、東京五輪の余韻が再燃したかのような盛り上がりを見せ、その雄姿をテレビなどのメディアで目にした人も多かっただろう。

私が取材したスケートボード競技の結果は…金メダルが2個、銀メダルが4個、銅メダルが2個と、数字だけ見るととてつもない数となる。

そこで今回、世界的な大舞台X Gamesで活躍した日本人スケーター達の源に迫ってみた。

◆【後編】日本のエース堀米雄斗と白井空良の強さの源にある関係性 表彰台独占の裏に見るパイオニア中村貴咲の功績

■X Gamesとは……1回のイベントで20万人以上が来場

1995年から開催されているX Games 撮影:小嶋勝美

X Gamesの始まりは1995年。エクストリームスポーツの本場アメリカで以降、毎年開催され、世界192ヵ国、5億世帯超の放送網を持つアメリカのスポーツ専門チャンネルESPNで放送される。

出場する選手も世界中から厳選された、トップアスリートのみが参戦出来る世界最高峰のイベント(夏季はスケートボード・BMX・Moto X 冬季はスキー・スノーボードが行われている)となっており、2004年のロサンゼルス大会では1日の入場者数が7万9380人にも及び、1999年のサンフランシスコ大会では合計来場者数22万2886人を記録した。これは1日の来場者数、1回のイベントでの来場者数ではX Games史上最多の記録となっている。

主催者の発表によると、今回の千葉大会では3日間で約4万人の観客を集めたとの事。これが、現在のコロナ禍において多いか少ないかは判断が分かれる所だが、はじめは私もどのくらいお客さんが入るのかまったく予想がつかなかったが、3日間の取材を通して、結果的にはかなり盛り上がったのではないかと感じた。

数年前なら日本でスケートボードの国際大会、ましてやX Gamesが開催されるなんて誰が予想出来ただろうか。街の厄介者というイメージだったスケートボードが、オリンピック効果でがらりとイメージを変え、時代も変化した。

今回のX Games Chiba大会はスケートボードなど、アーバンスポーツに対する日本でのイメージが変わった事の象徴ともいえる大会だったのではないだろうかと思う。

■パーク種目のパイオニア中村貴咲の存在

決勝を5位で終えた中村貴咲 撮影:小嶋勝美

パーク女子で日本人が表彰台を独占! この素晴らしいニュースの裏で1人紹介したいスケーターがいる。中村貴咲(21歳)今大会でも素晴らしい滑りを見せた彼女は、見事決勝を5位で終えている。

素晴らしい滑りを披露したパイオニア中村貴咲 撮影:小嶋勝美

X Gamesスケートボード競技で日本人が初めて優勝したのが2016年6月。テキサス州オースティンで行われた大会で当時16歳だった中村貴咲が、パーク種目で日本人初優勝。スケートボード競技で日本人が優勝するまでに20年以上かかった。

当時はスケートボード競技に日本人が出場するという事だけでも大きな出来事だったが、この優勝をきっかけに“日本人でもチャンスがあれば勝つ事が出来る”という事実を彼女が証明した。そう、彼女が今の日本パーク女子大国の礎を作ったとしても過言ではない。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします