【MLB】大谷翔平、「2番DH」でスタメン出場 今季12号弾で泥沼12連敗中のチームを救えるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は7日(日本時間8日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われるボストン・レッドソックス戦に「2番DH」で先発出場する。

前日の試合で大谷は、第1打席に3試合連続安打となる右前打を放ち4打数1安打。チームは0-1で完封負けを喫し、球団シーズンワースト記録に並ぶ12連敗となった。

◆13連敗エンゼルスに続く負の連鎖 解任マドン前監督は悠々自適「明日はゴルフ」

■打線の奮起で連敗ストップなるか

相手先発のギャレット・ウィットロックは12登板(8先発)で2勝1敗、防御率3.02をマークしている。昨季はリリーフとして46試合に登板したが、今季は4月23日(同24日)から先発に転向。前回登板ではクリーブランド・ガーディアンズ相手に6回5安打1失点の好投で勝ち投手となっている。大谷とは5月4日(同5日)に対戦し、2打数無安打1奪三振と抑え込んだ。

前日の試合でも打線に元気なく完封負けを喫したエンゼルスだが、主軸マイク・トラウトには31打席ぶりの安打が飛び出した。球団ワースト記録更新を阻止するためにも、大谷とトラウトを筆頭とした打線の奮起に期待したい。

試合情報
エンゼルス-レッドソックス
試合開始:日本時間6月8日(火)10:38
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

◆13連敗エンゼルスに続く負の連鎖 解任マドン前監督は悠々自適「明日はゴルフ」

◆「肉体的な厳しさに耐えられない」大谷翔平の同僚、ウォルシュが二刀流断念の内幕明かす

◆「トラウト、大谷翔平との対戦は楽しいか」相手投手の答えは「絶対ノー」と断固拒否の姿勢

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします