【マーメイドS/枠順】ソフトフルートは2枠3番、人気馬に勝率0%の“試練”

第27回マーメイドS(GIII、芝2000m)の枠順が17日、JRAより発表された。

昨年の本レースで2着だったクラヴェルは6枠11番、昨年のエリザベス女王杯で4着になったソフトフルートは2枠3番、京都記念8着からの巻き返しを狙うマリアエレーナは6枠12番、愛知杯以来の重賞2勝目を狙うルビーカサブランカは5枠9番に入った。

◆【マーメイドステークス2022予想/データ攻略-前編】ソフトフルートに「連対率0%」の不安要素 人気の一角に「馬券内率8割越え」

ここでは過去10年データから、予想のヒントになる「枠順傾向」を分析していく。

■複勝率トップ「7枠」に伏兵

人気が予想されるクラヴェルマリアエレーナが入った6枠は【0-1-1-18】勝率0.0%、連対率5.0%、複勝率10.0%と優勝がない。2015年に1番人気に推されたマリアライトは2着、14年に2番人気フーラブライドは3着だった。26回開催されている本レースで、同枠の1番人気が優勝したことがないのも気になるところだ。

また、こちらも人気が予想されるソフトフルートが入った2枠は【2-0-0-13】勝率13.3%、連対率13.3%、複勝率13.3%と、2回の優勝しているが、これは2019年の7番人気サラス、18年の10番人気アンドリエッテと人気薄が成績を残している。逆に、人気を集めた2019年の1番人気センテリュオは4着、12年の2番人気スマートシルエットは14着と馬券に絡むことができていない。

最多となる3回の優勝がある7枠には、ハギノリュクスラヴユーライヴが入った。昨年は5番人気のクラヴェルが2着、2020年の7番人気サマーセントは1着、15年の10番人気パワースポットは3着、13年の10番人気アグネスワルツは2着と人気薄も好走している。

◆【マーメイドステークス2022予想/データ攻略-後編】“波乱の使者”候補はアノ良血馬 追い風となる「馬券内率100%」とは

◆【マーメイドステークス2022予想/危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「今回の臨戦過程には一抹の不安」

◆【マーメイドステークス2022予想/血統傾向】ハンデ×牝馬の波乱レースで狙う、単回収値「300」の穴配合

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします