【MLB】「連敗ストッパー」大谷翔平、メジャー通算300打点となる勝ち越しタイムリーで8勝目権利

5回に勝ち越しのタイムリーを放った大谷(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は6日(日本時間7日)、敵地でのマイアミ・マーリンズ戦に「3番DH・投手」で先発出場。5回の第3打席に勝ち越しとなる2点タイムリーを放ち、投げては7回2安打10奪三振3四球1失点の投球で、8勝目の権利を得て降板した。

◆【実際の映像】「連敗ストッパー」大谷初平、メジャー通算300打点となる勝ち越しの2点タイムリー

■28歳初“二刀流”で投打に躍動

前日に誕生日を迎え28歳初登板となった大谷。自身5連勝となる8勝目をかけて上がった試合で、投打にわたり輝きを放つ。

大谷は初回味方のエラーもあり無死二、三塁のピンチを迎えると、3番のギャレット・クーパーにライトへの犠牲フライを打たれる。6月9日(同10日)のボストン・レッドソックス戦から続いていた連続無失点が21回2/3でストップし、球団記録の23回1/3には届かなかった。

しかし、尻上がりに調子を上げる大谷は3回、4回と三者凡退に打ち取るなど、切れの良い変化球中心の組み立てで持ち直す。5回以降もテンポの良い投球でマーリンズ打線を封じ込め、3回から13人連続アウトを奪うなど試合を制圧する。7回にはこの試合10個目の三振を奪い3試合連続の2桁奪三振を達成した。

打っては5回の第3打席二死満塁から相手先発トレバー・ロジャースのフォーシームを捉え、レフトに勝ち越しとなる2点タイムリー。メジャー通算300打点となる一打で試合をひっくり返し、一塁上ではガッツポーズを見せた。

大谷は7回を投げ、10奪三振、1失点。100球(ストライク64球)を投げ最速は100.9マイル(約162キロ)、防御率は2.44となった。打っては7回まで3打数1安打2打点1四球で打率.260。

試合は7回終了時点でエンゼルスが5-1とリードしている。

◆【実際の映像】「連敗ストッパー」大谷初平、メジャー通算300打点となる勝ち越しの2点タイムリー

◆28歳の誕生日を迎えた大谷翔平に祝福の声続々「ハッピーバースデー、ユニコーン」

◆大谷翔平、持ち球の「握り」を惜しげも無く披露 「タイム」誌が新たなインタビュー映像公開

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします