【スポーツ回顧録】ラリージャパン閉幕にまつわる2つの歴史的出来事 ローブ戴冠とカルロス・サインツの引退

日本初開催のWRCラリージャパンで、スバルに地元勝利をもたらしたソルベルグ(C)Getty Images

日本初開催の世界ラリー選手権WRCラリージャパンで、スバルにすばらしい地元勝利をもたらしたペター・ソルベルグの逆転チャンプはならなかった。

ラリージャパン以来3連勝をかざり、昨シーズンのように最終戦まで持ち込んでの逆転というシナリオを期待されたソルベルグだが、第14戦コルシカの雨に5位に沈み、2連覇の夢は潰えた。対照的にシトロエンのセバスチャン・ローブは、非常にコンスタントなドライビングを見せ、ノーポイントに終わったのは第3戦のメキシコのみと常に安定した速さを発揮。ソルベルグの3連勝中もすべて2位でフィニッシュするという憎いまでの粘りを披露した。昨年、最終戦でソルベルグに逆転チャンプを許した経験が、そのままシーズンを通じて生かされた結果だろう。また、最終戦で独走優勝を飾り、年間最多勝となる6勝でチャンピオン獲得に花を添えたのも見事だ。

素晴らしいチャンピオン争いが繰り広げられた2004年のWRCだったが、ファンにとって記憶に残るのは次の2つの出来事からだろう。ひとつは日本初のWRCイベント・ラリージャパンの開催、そして王者と呼ばれたカルロス・サインツ Sr.※の引退という年としてヒストリーブックに記されるに違いない。

※2022年、F1のフェラーリで初優勝を飾ったカルロス・サインツ Jr.の父

サインツは10月21日、突如マドリードで会見を開き「そろそろ家族と過ごす時間を作るべきだと思い、人生を変える決断をした」と今季限りの引退を発表した。WRCで最多の通算26勝の記録(2004年当時)を持つサインツは、日本のメーカーとも縁が深い。

◆12年ぶりに開催ラリー・ジャパン 王者ロバンペラとトヨタがホームラリーでの優勝を目指す

■王者カルロス・サインツSr.の足跡

1987年のデビューこそフォードを駆っていたが89年からはトヨタをドライブ。90年にはギリシャで初勝利を挙げると4勝で初のチャンピオンを獲得。同じく4勝し王座奪還をなした92年を最後にトヨタを離れるが、トヨタが93年に日本車初のマニュファクチャラーズ・チャンピオンを獲得するに至った基礎を築いたとして過言ではない。

2015年10月、アメリカ・オースティンで写真に収まる「親子鷹」 左から現在フェラーリを駆るカルロス・サインツ Jr.、トヨタでWRC王者となったサインツ Sr.、アロウズなどで活躍したヨス・フェルスタッペン、マックス (C) Getty Images

94年よりスバルに加入。95年、スバルとして初めてのマニュファクチャラーズ・チャンピオン獲得をサポートした。前スバル総監督の桂田勝氏は、「車づくりにかける情熱が素晴らしい。私たち技術者は計り知れない恩恵を受けた」と語る。その情熱は今も変わらず、昨季、今季のシトロエンのマニュファラクチャーズ2連覇も、サインツの存在抜きでは考えられない。

今季、アルゼンチンで通算26勝目を挙げ、ひとつの栄光を手にしたのも、また引退のきっかけだったのだろうか。開催40回目の節目を迎えた地元カタルーニャでも3位に入り表彰台に上がった。王者と呼ばれたサインツも42歳。引退を前に地元の声援には、万感の思いがこみ上げたに違いない。引退まで、第一線で走り続けたサインツが、舞台から降りることで、WRCのひとつの時代が幕を下ろした。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします