【MLB】大谷翔平、サイ・ヤング賞投手相手に20号どころか手も足も出ず エンゼルス危うく完全劇

ノーヒットに終わったエンゼルス大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は15日(日本時間16日)、本拠地でのロサンゼルス・ドジャースとの「フリーウェイ・シリーズ」に「2番DH」でスタメン出場。対するドジャースの先発はこの日試合前までにメジャー通算191勝を上げているクレイトン・カーショー。大谷がメジャー屈指に左腕と対決するのは、公式戦では昨年5月8日(同9日)以来。前回対決で大谷は2打数無安打に抑えられた。今日の対戦でリベンジを果たしたいところだったが、快投するカーショーに手も足も出なかった。打撃成績は4打数無安打2三振。打率は.255に低下した。

試合は、カーショーの独断場となり7回まで完全試合ピッチング。エンゼルスは8回にルイス・レンヒフォのツーベースでノーノーを破り、9回にブランドン・マーシュがソロ本塁打で一矢報いたが、1ー9で惨敗。カーショーに今季7勝目、通算192勝目を献上した。

◆「“トラウタニ”をトレードせよ」とトニー・グウィンJr. 氏 エンゼルス再生と2選手のキャリアを憂う

■本拠地なのにまるでアウェー戦 ドジャースファンの多さにエンゼルス萎縮?

本拠地が近いチーム同士の試合では、互いのチームファンが多く集まるが、今日の試合に関してはドジャースのファンがエンゼルスファンを大きく上回ったようだ。公式発表によればその入場者数は4万4648人だったが、『ロサンゼルス・タイムズ』のサラ・バレンズエラ記者は、「ドジャースファンは(7回裏のセブンス・イニング・ストレッチの)歌の中でドジャースのファンたちが『ドジャース』と叫び、『(ホームで歌われる)エンゼルス』という部分をかき消した」と、ツイッターと投稿し、ドジャースファンの数の多さを改めて伝えた。

また相手先発のカーショーに7回までノーノーに抑え込まれたエンゼルスに、元『ジ・アスレチック』のブレント・マグワイア記者は、「ドジャースは正直エンゼルスをその本拠地で恥辱している。これはひどい」と厳しい言葉を投げた。

エンゼルスはこの負けで39勝52敗となったが、前半戦最後となる明日の試合は勝利で飾りたいもの。また、大谷も一発を見舞い20号の大台に乗せるのか、期待したいところだ。

◆大谷翔平、“史上最高年俸”到達の可能性は… 米記者が契約延長のポイント解説

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

◆負傷のトラウトは「球宴に出るつもり」 トレーナーが説明「良くなっている」

文・澤 良憲(Yoshi Sawa)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします