【MLB】大谷翔平、自身最多の10勝目をイチロー超え25号で祝砲 ベーブ・ルース以来104年ぶり“2桁勝利2桁本塁打”の偉業達成 

6回無失点の粘投を見せた大谷(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は9日(日本時間10日)、敵地で行われたオークランド・アスレチックス戦に「2番DH・投手」で先発出場。6回5奪三振無失点の投球で、キャリアハイの今季10勝目を挙げ、ベーブ・ルース以来の“2桁勝利2桁本塁打”を達成した。

◆【実際の映像】大谷翔平、ベーブ・ルース以来104年ぶり“2桁勝利2桁本塁打”をたぐり寄せた必殺スライダー

■イチロー超えメジャー通算118本も同時達成

ルース以来の偉業達成に王手をかけて以来、3度挑戦も3連敗と苦しんでいた大谷だが、投打に躍動し記録を自らたぐり寄せた。

大谷は初回から順調にアウトを積み重ねると、3回にはこの試合2つ目の三振を奪い、日米通算1000奪三振を達成。ラモン・ラウレアーノの打球を左足に受け、苦痛に顔を歪める姿が見られたが、その後もマウンドに上がり、6回無失点に打ち取り降板した。

また7回の第4打席には、相手2番手サム・セルマンの2球目のスライダーを捉えるとボールは右翼スタンドへ。5試合ぶりとなる25号は飛距離378フィート(約115メートル)、打球速度108.4マイル(約174キロ)のライナー弾を放ち、自らのバットでチームを援護。これでイチロー(元マリナーズなど)のメジャー通算本塁打を超え、日本人史上単独2位の118本目となった。

大谷は投げては6回5奪三振無失点、打っては3打数2安打1本塁打1打点の投打にわたる大活躍でエンゼルスの5-1の勝利に貢献。メジャーの歴史にまた一つ名を刻んだ。

◆【実際の映像】大谷翔平、ベーブ・ルース以来104年ぶり“2桁勝利2桁本塁打”をたぐり寄せた必殺スライダー

◆【実際の映像】大谷翔平、今季25号はイチロー超え メジャー118本目は右翼への174キロライナー弾

◆【実際の映像】大谷翔平、3回に打球直撃のアクシデント アウトに打ち取るも苦痛に顔歪める姿

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします