【MLB】自打球で悶絶する大谷翔平に敵地ファンの声援 さらに恵みの雨の予報

第一打席に立つ大谷翔平 (C) Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は20日(日本時間21日)、敵地コメリカ・パークでのデトロイト・タイガース戦に「1番DH」でスタメン出場。大谷は、第1打席にレフトへの二塁打を放ち、また2回の第2打席にはライト前ヒットとし、2試合ぶりのマルチ安打を記録した。この日は、4打数2安打だった。

◆【実際の映像】大谷翔平、衝撃的逆方向へのツーベース  もうひと伸びでフェンスオーバー

大谷は7回の第4打席、カウント1―1からの3球目に自打球を右足先に当て、その場で膝をついて悶絶。痛みに耐えながら打席に戻ると、球場から大きな拍手が起こった。試合を中継する『バリー・スポーツ・ウェスト』は「オオタニが打席にもどると、球場のファンから声援が送られた。これは、すごいことだ」と感心。結局三振に倒れたが、敵地からも応援を受ける大谷の人気の高さが伺える一幕だ。

◆【実際の映像】デトロイトの敵地ファンから声援を送られる大谷翔平

■明日登板予定も雷雨予報 恵みの雨となるのか

大谷は、明日21日(同22日)に登板が予定されている。中5日のローテーションに変わってから初めての登板となるが、悪天候の影響で試合が延期される可能性が出てきた。

地元紙『オレンジカウンティ・レジスター』のジェフ・フレッチャー記者は試合前、「明日のデトロイト戦は雨天延期になる可能性が高い」と述べ、「大谷の登板日が翌22日(同23日)の対タンパベイ・レイズ戦にスライドされるだろう」と伝えた。また、同記者は、「中止になった場合、9月15日開催の可能性がある」とも予想する。

現地天気予報サイト『ザ・ウェザー・チャンネル』によれば、明日のデトロイトは終日雨とされている。また、試合が始まる午後1時40分(同午前2時40分)は雷雨75%とある。今日も試合中、小雨が降る場面があった。試合実施の有無は直前まで不明。もし中止となった場合は、自打球した大谷には恵みの雨(休養日)になるかもしれない。

◆【実際の映像】デトロイトの敵地ファンから声援を送られる大谷翔平

◆大谷翔平、27号2ランに「MVP争いにとどまる一発」と実況も称賛 直近5試合.526の大当たりに現地記者も大興奮

◆【実際の映像】大谷翔平、ライト線へ運ぶ102マイル弾丸タイムリー 俊足飛ばし三塁へ到達

文●澤 良憲(Yoshi Sawa)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします