【MLB】大谷翔平、第28号2ランを含む3安打と猛打賞 リアル二刀流翌日に「なんてパワーだ」と実況

7回表に2ランを放ったエンゼルス大谷翔平 (C) Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は28日(日本時間29日)、敵地ロジャーズ・センターで行われるトロント・ブルージェイズ戦に「3番DH」で先発出場。この日は、初回の第1打席で右前安打、3回の第2打席に内野安打とすると、3点リードの7回2死二塁場面、3番手ティム・メイザの投じた6球目を強振、大谷らしい逆方向への28号2ランを叩き込んだ。

【実際の動画】大谷翔平、 “らしい”逆方向へ力で運んだ28号に実況も絶叫

大谷は前日の同戦で今季22度目の「リアル二刀流」登板を果たし、7回を9奪三振無失点の快投で今季11勝目を挙げたばかり。この日は4打数3安打2打点と猛打賞の大暴れだ。

■「トラウタニ」弾そろい踏み

試合は3回表にルイス・レンヒーフォの10号2ランで先制したエンゼルスが以降も、カート・スズキの4号ソロなどでリード。7回表には、マイク・トラウトのタイムリー二塁打と大谷の28号2ランでさらにリードを広げ、さらに9回表にはトラウトがダメ押しの28号ソロも飛び出し、「トラウタニ」弾そろい踏みで3ー8で快勝した。

◆大谷翔平、11勝目翌日の28号弾含む猛打賞に敵軍メディアも「オオタニがMVP」だと絶賛の声

【実際の動画】大谷翔平、 “らしい”逆方向へ力で運んだ28号に実況も絶叫

◆イチロー、球団殿堂入りに「トラウタニ」も祝辞 大谷翔平は「少し不思議な気持ち」

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします