【MLB】大谷翔平、“お得意様”から2戦連発の29号2ラン 実況も「イッテラッシャーイ」と大興奮

本拠地で2戦連発の29号を放ったエンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は29日(日本時間30日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われるニューヨーク・ヤンキース戦に「3番DH」で先発出場。5回の第3打席に勝ち越しの29号2ランを放った。

◆【実際の映像】大谷翔平、2試合連続の29号2ランに本拠地大熱狂!大谷も笑顔でハイタッチ

■勝ち越し2ランに本拠地ファン熱狂

前日に10試合ぶりの一発を放った大谷が、5月15日(同16日)以来となる2試合連続アーチで本拠地ファンを沸かせた。実況もセンター・オーバーの大飛球に「イッテラッシャーイ」と絶叫。「イッテラッシャイ・ベースボール」と新しい言葉を生み出し大興奮だ。

この日は、昨季オークランド・アスレチックスで13勝を挙げたフランキー・モンタスと対戦。大谷にとっては過去21打数9安打、3本塁打をマークしていた得意投手で、今回の29号で通算4本目となる。

初回の第1打席はショートへの併殺打、3回の第2打席は低めのボールを空振りし三振に倒れた。

迎えた5回2死一塁の場面、大谷はモンタスが投じた4球目のスプリッターを強振。打球はセンター方向へ伸びていき、中越えの今季29号2ランとした。前日のトロント・ブルージェイズ戦に続き2戦連発となる29号は、飛距離398フィート(約121メートル)、打球速度102.7マイル(約165キロ)、打球角度28度の大飛球。大谷は、2年連続となる「30本塁打」到達まで残り「1本」とした。

試合は5回終了時点、エンゼルスが4-2でリードしている。

◆【実際の映像】大谷翔平、2試合連続の29号2ランに本拠地大熱狂!大谷も笑顔でハイタッチ

◆大谷翔平 vs. ジャッジはホームラン合戦 2戦連発29号2ランを50号特大弾で追う

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします