【eスポーツ】初のオフライン・イベント「RAGE Apex Legends 2022 Summer」が実現

「RAGE Apex Legends 2022 Summer」会場の模様 撮影:牧野森太郎

国内最大級eスポーツエンターテインメント「RAGE(レイジ)」が27、28日、オフライン・イベント「RAGE Apex Legends 2022 Summer」を千葉県・幕張メッセで開催した。

これまでオンライン視聴では最高同時接続数41万人という記録を持つRAGEだが、今回がApex Legends単独では初の有観客イベントとなった。会場には熱心なファンが多数詰めかけ、スティックバルーンを打ち鳴らして応援を送った。

◆サッカーe日本代表、親善試合は惜しくも3連敗 強国相手に浮かび上がった課題とは……

■世界大会で活躍した有名ストリーマーが参戦

DAY1には日本を代表するトップ・ストリーマーが45名集まり(一部、オンライン参加)、1チーム3人で15チームを結成。さらに会場の一般ファンから15名が抽選で選ばれて、合計20チームが試合に参加した。

ストリーマーのなかには世界大会で活躍した実績のある有名選手が数多く参戦、レベルの高い好ゲームが繰り広げられた。

また、DAY2はApex Legends公式プロリーグで活躍した選手たちが、最強のオールスターチームを組んで試合を行った。

会場のコスプレーヤー 撮影: 牧野森太郎

さらに、会場にはキャラクターに扮したコスプレーヤーも登場してファンとの記念撮影に応じていた。どのキャラクターも驚くほど本物とそっくりで、こちらもレベルの高さを感じさせた。

eスポーツは次世代スポーツとして定着し、さまざまなエンターテインメント性をかけ合わせて進化を続けている。

なかでもRAGEは人気タイトルの「公式大会」、オンライン、オフラインでの一般参加型の「イベント」、プロチームの頂点を決める「プロリーグ」の3本柱で業界をリードし続けている。

初のオフラインイベントが成功したことによって、コロナ後、さらに飛躍する姿が見えたような気がした。

◆JFAが思い描く「誰もが日本代表を目指せる世界」 eサッカー国際大会に日本代表を派遣

◆プロゲーマーたぬかな 人生の“やりこみ”要素 vol.1「女性プレイヤーの苦悩を乗り越えて」

◆プロゲーマーたぬかな 人生の“やりこみ”要素 vol.2「コロナ禍のプロ活動とプライベート」

著者プロフィール

牧野森太郎●フリーライター

ライフスタイル誌、アウトドア誌の編集長を経て、執筆活動を続ける。キャンピングカーでアメリカの国立公園を訪ねるのがライフワーク。著書に「アメリカ国立公園 絶景・大自然の旅」「森の聖人 ソローとミューアの言葉 自分自身を生きるには」(ともに産業編集センター)がある。デルタ航空機内誌「sky」に掲載された「カリフォルニア・ロングトレイル」が、2020年「カリフォルニア・メディア・アンバサダー大賞 スポーツ部門」の最優秀賞を受賞。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします