【MLB】カブス鈴木誠也、弾丸12号ソロに実況も「打球に気をつけろ!」と絶叫

12号アーチを放ったカブス・鈴木誠也(C)Getty Images

シカゴ・カブス鈴木誠也は8日(日本時間9日)、本拠地リグレー・フィールドでのシンシナティ・レッズ戦に「2番・ライト」でスタメン出場。

2-2の同点に追いつかれた直後の8回裏1死ランナーなし、カウント1-1からアレクシス・ディアズが投じた3球目のスライダーを一閃、左中間スタンドへ勝ち越しソロホームランを叩き込んだ。

◆【実際の映像】鈴木誠也、捉えた打球は放物線を描いて左中間スタンドへ!会心の一打に鈴木も思わずガッツポーズ

■直近15試合で打率.358、長打率.547

鈴木は6回裏の2死走者なしの第3打席でも追加点につながる二塁打を放っており、この日は4打数2安打1打点の活躍。直近15試合では打率.358。長打率は.547と調子を上げており、今季の打率を.264とした。

せっかく鈴木の本塁打で勝ち越したカブスだが、9回表に抑えのマーク・ライターJr.が2点を献上。3-4の逆転負けを喫した。

◆【実際の映像】鈴木誠也、捉えた打球は放物線を描いて左中間スタンドへ!会心の一打に鈴木も思わずガッツポーズ

◆満票MVP大谷翔平に思わぬ弱点が発覚、現地メディアも「なんでもできるということではない」とイジり倒す

◆大谷翔平、2試合ぶり33号は右中間への122メートル勝ち越し弾 9試合で6発量産態勢へ

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします