【MLB】大谷翔平、2試合ぶり33号は右中間への122メートル勝ち越し弾 9試合で6発量産態勢へ

7回に勝ち越しの今季33号を放った大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は7日(日本時間8日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたデトロイト・タイガース戦に「3番DH」で先発出場。7回の第4打席、右中間への33号ソロを放った。

◆【実際の映像】大谷翔平、右中間への122メートル大飛球! 2試合ぶり33号の勝ち越しソロ

■ジャッジとのMVP争いも過熱

大谷は前日、4打数無安打に終わり連続試合出塁が代打を除き20でストップした。この日も第3打席目まで三振を喫していたが第4打席に魅せた。

7回無死走者なしで迎えた打席、大谷は4番手のアンドリュー・チェイフィンが投じた3球目のシンカーを強振。打球は角度34度の放物線で深い右中間へ一直線、今季33号ソロとした。2試合ぶりの一発は、飛距離401フィート(約122メートル)、打球速度100.3マイル(約161キロ)の勝ち越し弾だった。

この試合ではマイク・トラウトにも32号が飛び出しており、今季8度目の“トラウタニ弾”となっている。

ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジとの激しいMVP争いが繰り広げられる中、8月からの好調さを維持する大谷が、9試合で6本塁打と量産態勢に入る。

なお、試合は9回表にエンゼルスのリリーフ・エース、ジミー・ハーゲットが2本のホームランを献上。大谷の勝ち越し弾を守れず、逆転負けした。

◆【実際の映像】大谷翔平、右中間への122メートル大飛球! 2試合ぶり33号の勝ち越しソロ

◆MVPジャッジ満票、大谷翔平がまさかの0票 ESPNが賞レースを予測

◆米メディア、「大谷翔平はブラックスワン」と指摘 規格外「二刀流」がジャッジのMVPを阻むか

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします