【MLB】大谷翔平、12勝目と34号に向け今季24度目の“リアル二刀流”「3番DH・投手」スタメン出場

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は10日(日本時間11日)、敵地ミニッツメイド・パークで行われるヒューストン・アストロズ戦に「3番DH・投手」で先発出場する。大谷の“リアル二刀流”出場は今季24度目。

大谷は前日の同戦、4回の第2打席にあわや本塁打かという左翼フェンス直撃の二塁打を放ち4打数1安打。試合はエンゼルスの救援陣が崩れ、3-4で逆転負けを喫した。

◆満票MVP大谷翔平に思わぬ弱点が発覚、現地メディアも「なんでもできるということではない」とイジり倒す

■相手は今季13勝の右腕ウルキディ

相手先発のホセ・ウルキディは、2019年にメジャーデビューした27歳右腕で昨季8勝を挙げて頭角を現した。今季はここまで25試合に登板して13勝5敗、防御率3.51で、チームではフラムバー・バルデスに次ぐ勝ち星をマークし、先発投手陣の中心を担っている。

今季24度目の「リアル二刀流」で先発する大谷は、前回登板で8回を投げ6安打5奪三振1失点と勝ち星こそつかなかったものの試合を作る熱投を見せた。規定投球回まで残り26イニングに迫っており、すでに到達している規定打席とMLB史上初“ダブル規定達成”に向け、球数を抑えた上で長い回を投げ切りたい。

過熱するニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジとのハイレベルなMVP争いの中、大谷は投打においてハイパフォーマンスを披露してきた。そんな背番号17が投手として12勝目、打者として34号を放ち、インパクトを残す活躍が見られるか期待したい。

■今日のエンゼルス・ラインナップ

1番 2B フレッチャー  → レンヒーフォ 
2番 CF トラウト 
3番 DH 大谷  
4番 RF ウォード
5番 3B ダフィー 
6番 1B フォード     
7番 LF モニアック
8番  C スタッシ 
9番 SS ベラスケス
SP  大谷

◆大谷翔平、米国で繰り返し浮上するカマラニ・ドゥンとの恋仲説とその背景

◆米メディア指摘「ジャッジはもう十分、MVPに値する」大谷翔平には同情「チームがひどい」

◆米メディア、「大谷翔平はブラックスワン」と指摘 規格外「二刀流」がジャッジのMVPを阻むか

試合情報

エンゼルス-タイガース
9月11日(日)8:15(日本時間)試合開始
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします