【MLB】ジャッジ、60本塁打に王手かける2発でリーグ記録にもあと2本 4安打固め打ちで三冠王も視野に

1試合2発含む4安打で三冠王も視界に捉えるジャッジ(C)Getty Images

ニューヨーク・ヤンキースアーロン・ジャッジは18日(日本時間19日)、敵地で行われたミルウォーキー・ブルワーズ戦に「1番センター」で先発出場。5打数4安打2本塁打4打点の活躍を見せた。

◆【実際の映像】ヤンキース・ジャッジ、60号に王手かける一打は135メートル特大弾 178キロでスタンドイン

■MVP争いで強烈なアピール

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平とのMVP争いが白熱する中、ジャッジが圧巻の打撃で強烈なアピールとなる活躍見せた。

3回の第2打席、ジャッジは相手先発ジェイソン・アレクサンダーの3球目のシンカーを見事に捉えると、ボールは右中間スタンドへ一直線。今季58号ソロは、打球角度35度、飛距離414フィート(約126メートル)、打球速度111.6マイル(約180キロ)で飛び込む強烈な一打だった。

さらにジャッジの勢いは止まらない。7回に迎えた第5打席には5番手のルイス・ペルドモが投じた4球目のスライダーを強振すると、今度は打球角度30度で左翼にスタンドイン。飛距離443フィート(約135メートル)、打球速度110.3マイル(約178キロ)の59号ソロとなった。この2発でシーズン60発へ王手。

またロジャー・マリスの持つア・リーグ記録の61本まであと2に迫ったジャッジは、この試合4安打の固め打ちで打率も.316まで急上昇。打率.317でトップを走るミネソタ・ツインズのルイス・アラエスに急接近し、逆転での三冠王獲得を視界に捉えた。大谷とのMVP争い、本塁打記録に加え三冠王の偉業達成にも注目が集まる。

◆【実際の映像】ヤンキース・ジャッジ、右中間スタンドへ飛び込む58号ソロは180キロの強烈弾

◆【MLB】シーズン本塁打記録20傑

◆ベーブ・ルース孫、大谷翔平を大絶賛も「彼は去年獲っているから」とアーロン・ジャッジ派 

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします