【超RIZIN】朝倉未来が“衝撃の一戦”を振り返る 対峙したメイウェザーは「技術が異次元」「ここまで戦えたことは自信に」

(写真:SPREAD編集部)
(写真:SPREAD編集部)

The Battle Cats presents 超RIZIN(スーパーライジン)」が25日、さいたまスーパーアリーナで開催され、ボクシング元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー朝倉未来によるエキシビジョンマッチが行われ、メイウェザーが2ラウンド終了直前にKO勝利を収めた。

朝倉は試合後、「すごい反応速度と、すべての技術レベルが異次元でした」と大一番を振り返った。

◆【実際のKOシーン映像】メイウェザーの技術が詰まった衝撃のKOシーン……大健闘の朝倉未来を沈めた決定的瞬間

■「立ち上がろうとしても立ち上がれなかった」

メイウェザーに食らいつき、試合序盤から大いにその実力をアピールした朝倉だが、2ラウンド終了間際にメイウェザーが繰り出した強烈な右フックで悔しいKO敗戦。クリーンヒットは避けたようにも見えたが、この一打について朝倉は「記憶がなくて、見返したんですけど、なんであれで倒れたのか謎なんですけど、めちゃくちゃ頭痛いです。地面が歪んでいて、立ち上がろうとしても立ち上がれなかった」と振り返った。

ついに対峙したメイウェザーについては「すごい反応速度と、すべての技術レベルが異次元でした」とコメント。それでも世界屈指のファイターと拳を交え「普通の人じゃ出来ない体験をしたし、MMAの選手として成長したので、やってよかったと思います」と前を向いた。

朝倉は今後について、MMAを主戦場とする考えを明らかにしており、この一戦を通じて「今日の試合の通り、ボクシング技術も上達したと思うし、オープンフィンガーではもっと速くなったと思う。メイウェザー選手とここまで戦えたことは自信になりました」と語っている。

◆【実際のKOシーン映像】メイウェザーの技術が詰まった衝撃のKOシーン……大健闘の朝倉未来を沈めた決定的瞬間

◆メイウェザーが神対応 試合直前、場内騒然のハプニング 花束を投げ捨てられる

◆完勝メイウェザーが評価した朝倉未来の“覚悟” 付き人ジジには「見る目は変わらない、愛してる」

文・工藤愛梨(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします