【NBA】渡邊雄太がブルックリン・ネッツと契約 デュラント、アービングと共闘

FAでブルックリン・ネッツに加入する渡邊雄太 2022年2月28日ニックス戦でダンクを決める (C) Getty Images

ブルックリン・ネッツは28日(日本時間29日)、フリーエージェント(FA)となっていたバスケットボール日本代表渡辺雄太と契約したと発表した。ネッツは契約期間および金額など詳細を明らかにしていない。

◆トロント・ラプターズの渡邊雄太がウインターカップ出場高校生にエール 「毎試合とにかく楽しんで」

■田臥に続く日本人2人目のNBAプレーヤー

 2014年から18年までジョージワシントン大学で4年を過ごした渡邊は同年、メンフィス・グリズリーズから田臥勇太に続く2人目の日本人選手としてNBAデビュー。2ウェイ契約ながらその後、トロント・ラプターズと契約。4シーズン目となる昨季は初めて本契約を勝ち取り、38試合に出場。1試合平均11.7分間のプレーで4.3得点、2.4リバウンドをマークした。

 ネッツではゴールデンステート・ウォリアーズを2度のチャンピオンに導いた時代にチームを2度王者に導いたケビン・デュラントも再契約。クリーブランド・キャバリアーズで優勝に貢献したカイリー・アービングも残留し、王者を狙えるポテンシャルを保つ。「ビッグ・デュオ」とともにチームに貢献、日本人選手として初の頂点を狙う。

【東京五輪/バスケ】八村塁、渡邊雄太擁する「史上最強」日本代表の将来的課題

◆八村塁、ネッツ戦で20得点

◆悲願のNBA初制覇か、ブルックリナイトの希望は夢と消えるのか ハーデン、ネッツ加入の賭け

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします