【MLB】大谷翔平、“お得意様”から21試合ぶり35号と19試合連続安打なるか 「3番DH」スタメン出場

エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports
エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は4日(日本時間5日)、敵地オークランド・コロシアムで行われるオークランド・アスレチックス戦に「3番DH」で先発出場する。

大谷は前日の同戦で5回の第3打席に右中間へのタイムリー二塁打を放ち、自己最長となる連続試合安打を18に更新。しかし、エンゼルスは最終回に追いつかれ、延長10回に4-5でサヨナラ負けを喫し連勝が7でストップした。

◆大谷翔平、189キロ弾丸タイムリー二塁打で自身最長18試合連続安打 2年連続100打点まで残り「5」

■5月に日米通算150号を放った左腕

相手先発のコール・アービンは昨季初めて規定投球回に到達し2桁勝利した左腕。今季もここまで29試合に登板し9勝13敗で防御率4.11とチームトップの勝利数と投球回で先発陣をけん引、2年連続の2桁勝利をかけた登板となる。

大谷はアービン相手に通算25打数8安打で打率.320、2本塁打。いわば“お得意様”。5月22日(同23日)には日米通算150号となる今季第9号を放っている。20試合本塁打から遠ざかる大谷は、アーロン・ジャッジとのMVP争いでリードするためにも、21試合ぶりの35号がほしいところ。

残り2試合となったなかで投打にフル稼働を続けてきた大谷は自身の連続安打を伸ばすとともに、久しぶりのアーチを描けるかに期待したい。

■今日のエンゼルス・ラインナップ

1番 2B レンヒーフォ   
2番 CF トラウト
3番 DH 大谷 
4番 RF ウォード  
5番 3B レンドン
6番 1B ダフィー 
7番 LF アデル
8番 SS フレッチャー
9番 C スズキ
SP  ローレンゼン

◆大谷翔平、打率.361に防御率1.50と躍動 まるで「ゲームのような数字」と地元ファン

◆大谷翔平、米国で繰り返し浮上するカマラニ・ドゥンとの恋仲説とその背景

◆アーロン・ジャッジのFA移籍先はいかに 「トラウタニとの共闘は魅力的」と米メディアが寸評

試合情報

エンゼルス-アスレチックス
10月5日(水)10:40(日本時間)試合開始
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします