Advertisement

2022年、好きなスポーツ選手1位は大谷翔平 しかしZ世代におけるTOP10は……

 

2022年、好きなスポーツ選手1位は大谷翔平 しかしZ世代におけるTOP10は……
Tモバイル・パークでイチローに深々と頭を下げる大谷(左) 2021年7月10日 (C) Getty Images

1992年から2年ごとに、全国の18歳以上を対象とした「スポーツライフに関する調査」を実施し、運動・スポーツ実施状況やスポーツ観戦率などを発表してきた笹川スポーツ財団は6日、2022年6月から7月に実施した最新の調査を発表した。

■70代の年配者まで支持を広げランク確定

「好きなスポーツ選手」の調査結果を、1位が大谷翔平(29.1%)、2位・羽生結弦(5.5%)、3位・イチロー(3.2%)、4位・井上尚弥(2.6%)、5位・松山英樹(2.2%)と発表。特に大谷は20年の調査では、わずか5.1%の得票で3位だったものが、22年の調査では得票率29.1%で断然1位となっている。

1位の大谷は男女別、20歳~70歳以上の各年代別でも1位。なお、12~21歳の好きなスポーツ選手でも、大谷は1位。4位の井上は初の上位ランクインとなった。20代の若い世代から70代の年配者まで、幅広く支持されているのが、こうした選手たち。

◆2022年、好きなスポーツ選手ランキングTOP5

■好きなスポーツ選手の年次推移

2012年から2022年までの好きなスポーツ選手の推移では、過去6回の調査すべてで上位10名に入るのは「イチロー」と「浅田真央」となった。両者はともに引退しているが安定した人気を誇る。2022年に初めて10位以内に入った選手は4位の「井上尚弥」ほか、6位の「石川祐希」1.5%、 10位の「那須川天心」1.0%となっている。

Advertisement


◆好きなスポーツ選手の年次別ランキング推移

■10代、20代の好きなスポーツ選手

一方で、いわゆるZ世代と呼ばれる層では、若干様相が異なるようだ。

特に18、19歳に絞り込んだ調査では、1位が羽生、2位に大谷と同率でバレーボールの石川祐希が並び、4位にはなんとNBAのステフィン・カリーが名を連ねた。5位タイには格闘家の那須川天心、中日ドラゴンズの根尾昂、パリ・サンジェルマンのリオネル・メッシ、8位タイにはフィギュアの浅田真央、井上尚弥、サッカーの香川真司らがランクイン。

Advertisement


20代に絞ると1位大谷、2位羽生に変動がないものの、3位には那須川が顔を出し、若い世代に格闘技人気が浸透している傾向を窺わせる。4位にクリスティアーノ・ロナウド、5位にイチロー、レアル・ソシエダの久保建英が並び、7位タイには、格闘技の朝倉未来、浅田、そしてサッカーのネイマール、メッシが顔を覗かせ、若年層のほうが海外選手にも着目している傾向が現れている。

また、21年に12歳から21歳を対象に行った同調査では、1位大谷、2位羽生は変わらないものの、3位にテニスの大坂なおみ、4位錦織圭、5位にバドミントンの桃田賢斗がランクインしている。

■調査内容

調査対象:全国の市区町村に居住する満18歳以上の男女3,000人(男性:1,503人、女性1,497人)
地点数:300地点(大都市90地点、人口10万人以上の市122地点、人口10万人未満の市64地点、町村24地点)
調査時期:2022年6月10日~7月10日

なお、このレポートの詳細「スポーツライフ・データ2022」は、2023年3月に発売予定。

◆【実際の映像】大谷翔平、史上初ダブル規定達成の瞬間!今季ラスト登板で規定投球回到達

◆大谷翔平、米国で繰り返し浮上するカマラニ・ドゥンとの恋仲説とその背景

文●SPREAD編集部

Advertisement


おすすめPR

META POG

Advertisement


Advertisement