Advertisement

【RIZIN】朝倉未来「クレベルに対戦を申し込むのは失礼」 来年“引退覚悟”のリベンジ宣言

朝倉未来(C)RIZIN FF
朝倉未来(C)RIZIN FF

RIZINなどで活躍中の総合格闘家・朝倉未来は25日、自身のツイッターとYouTubeを更新。12月31日に開催予定の『湘南美容クリニック presents RIZIN.40』には参戦しない意向を示した。

◆【RIZIN.40】ピットブルvs.クレベルが実現、大晦日決戦に挑む“オールスター”の過去戦績は? 「RIZIN vs. Bellator全面対抗戦」対戦カード、出場選手一覧

■未来「クレベル選手は強かった」

23日の『RIZIN.39』で牛久絢太郎を一本勝ちで下し、第3代フェザー級王座に就いたクレベル・コイケとのリマッチも熱望されたが、朝倉はこれを否定した。

Advertisement

朝倉はツイッターで「先に言っておきますが、大晦日は出ません」とし、いまだ頭痛が残るというフロイド・メイウェザー戦のダメージ、そして約2カ月と短い準備期間を不参戦の理由とした。

同日、自身のYouTubeも更新。『RIZIN.39』牛久絢太郎vs.クレベル・コイケのフェザー級タイトルマッチを「クレベル選手は強かった」と振り返り、下から絡みつきながら三角締めを極めたクレベルの技術に対し、自分も対応できるかは“微妙”としつつも、「あんな試合にはならない」と語った。

Advertisement

また、メイウェザー戦以降、一度も練習できていないことを打ち明け、「まだ頭が痛くて……ボクシングをやっていた時期を合わせると、組技をずっとやっていないし、これでクレベルに対戦を申し込むのは失礼」とした。続けて、「(クレベル戦に)負けたら引退する。もうちょっとしたら準備を始めて、しっかりバチバチに追い込んでリベンジしたいと思います。人生で同じ相手に2回負けたことない。必ずやり返します」とリベンジを誓った。

復帰のタイミングについては「(クレベル戦の前に)牛久選手を挟んだほうが誰もが納得する」とも語り、その時期を来年の夏頃とした。

Advertisement

◆【RIZIN.40】ピットブルvs.クレベルが実現、大晦日決戦に挑む“オールスター”の過去戦績は? 「RIZIN vs. Bellator全面対抗戦」対戦カード、出場選手一覧

◆【実際の映像】「梅野源治 vs. トレント・ガーダム」のフルファイトはこちら……開始わずか21秒で“爆梅”、ガーダムは悶絶

◆【超RIZIN】朝倉未来のメイウェザー戦、「2ラウンドKO劇」は起こるべくして起きたのか 試合展開の“舞台裏”を分析して振り返る

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします