Advertisement

【欧州サッカー】「W杯から戻って以来印象的」前田大然、電光石火の先制弾に絶賛「彼の自信の証明」 

 

【欧州サッカー】「W杯から戻って以来印象的」前田大然、電光石火の先制弾に絶賛「彼の自信の証明」 
日本代表の前田大然(C)Getty Images

スコットランド・プレミアリーグのセルティックは現地時間2日、第20節でレンジャーズと戦い2-2のドロー。日本人2選手がゴールを奪っている。

◆「W杯のクボとは違う!」先制弾演出の久保建英にチーム2位の高評価!現地メディア「ふてぶてしい」

■終了間際に古橋もゴール

首位攻防戦となった“ダービーマッチ”で先発した日本代表FW前田大然は、前半5分に中盤でボールをカットすると、自慢のスピードで相手DF2人を抜き去り、落ち着いてゴールを奪ってみせた。

チームはその後、レンジャーズに一度は逆転されリードを許すも、後半43分に古橋亨梧がゴール。終了間際で同点に持ち込み勝ち点1を奪取した。

攻守に躍動した前田は、前節のハイバーニアン戦に続くゴールで好調を維持。地元メディア『The Celtic Star』は「マエダはワールドカップから戻って以来印象的だ。イースターロードでのゴールは彼の自信を証明しており、このゴールでそれが加速するだろう」と評価している。

カタール・ワールドカップではクロアチア戦でゴールを奪うなど、前田は日本の躍進に一役買った。リーグ再開後も結果を残し、首位を走るセルティックの原動力となっている。

◆今季リーグ戦2得点目&“幻のゴール”のブライトン三笘、アーセナルに敗戦も現地メディアがチーム最高タイ評価

◆堂安律、板倉滉、三笘薫が市場価値急上昇 躍進で評価高めた森保ジャパン

◆堂安律、平均採点日本勢唯一トップ50入り MVPメッシが1位、大会得点王のムバッペは3位

Advertisement


文●SPREAD編集部