【欧州サッカー】古橋亨梧、ループ弾含む圧巻2発で得点ランクトップ 地元メディアは最高評価「卓越したゴール」

 

【欧州サッカー】古橋亨梧、ループ弾含む圧巻2発で得点ランクトップ 地元メディアは最高評価「卓越したゴール」
セルティックの古橋亨梧(C)Getty Images

スコットランド・プレミアリーグは現地時間18日、第22節のセルティック対セント・ミレンの試合が行われ、4-0でセルティックが完勝した。

◆躍動続ける三笘薫、メッシに次ぐドリブルスタッツとは… データサイトが紹介

■旗手のアシストから得点も

この試合に旗手玲央、ヴィッセル神戸から加入しデビュー戦となった小林友希とともに先発出場した古橋亨梧は、前線の柱として躍動する。

1点リードで迎えた前半35分、左サイドから旗手のクロスに抜け出した古橋が相手GKを見ながらループシュートを決め、追加点をもたらす。

さらに後半に入った53分にも、サイドからのクロスに裏で抜け出した古橋が右足で合わせてゴール。今季のリーグ戦でのゴール数を15に伸ばし、得点ランキングトップタイにつけた。

4-0での完勝劇の立役者となった古橋を、地元メディア『THE CELTIC WAY』は絶賛。10点満点でチームトップの「9点」をつけ、「終始エネルギーに満ち溢れたストライカーはあらゆる機会にDFを追い続け、一瞬たりとも安心させなかった。鮮やかなロブで(公式戦)17点目となる卓越したゴールを奪い、得意の抜け出しと低い位置からのフィニッシュで18点目とした。彼の運動量とストライカーとしてのプレーは試合を通じて楽しいものだった」と評している。

2位のレンジャーズとは勝ち点差9をつけて独走状態。圧倒的な強さでスコットランド王者に向けて走るチームにおいて、日本人ストライカーが主役を演じている。

◆バスクダービーで主役になった久保建英 進化の跡を見せる21歳が見すえる次なるステージ

◆「バスクダービーの意味を完璧に理解」今季3点目でMOM選出の久保建英をスペインメディアが絶賛

Advertisement


◆「W杯から戻って以来印象的」前田大然、電光石火の先制弾に絶賛「彼の自信の証明」

文●SPREAD編集部