堂安律と霜降り明星・粗品の顔が似ていると話題!共に関西出身のスーパースターで日本の新エース

20歳ながらサッカー日本代表でエース級の活躍が期待される堂安律選手。ガンバ大阪のユースに所属していた2015年に16歳という若さでトップチームデビューを果たすなど、若い頃から期待を背負っていた。

2017年夏には、オランダのFCフローニンゲンに移籍を果たすと、移籍初年度ながらリーグ戦29試合で9ゴール4アシストという記録をマーク。ロシアW杯終了後に発足した森保ジャパンで、フル代表デビューを果たした。

そんな堂安選手だが、SNS上では、昨年、M-1グランプリで見事優勝を果たした「霜降り明星」のツッコミ担当・粗品さんに似ていると話題になっている。

(c)Getty Images

粗品さんといえば、「スプーンに写った小栗旬」として自身の容姿をネタにすることで有名。小栗旬さんのものまね芸人としても有名な「おばたのお兄さん」も堂安選手に似ていると話題になっていることから、系統の近い容姿だといえるだろう。

関西出身の2人は日本の新エースに

似ていると話題の2人だが、顔以外にも共通点が多い。

堂安選手は前述の通り、G大阪で幼い頃から期待を背負ってきた関西のスーパースター。日本代表の新エースとしてさらなる活躍が期待されている。

対して、粗品さんも「漫才の甲子園」と呼ばれる「ハイスクールマンザイ」で高校時代から注目を浴びてきた。2012年にはピン芸人として、毎日放送の「オールザッツ漫才」で19歳ながら最年少優勝。

現在の相方・せいやさんとコンビ霜降り明星を結成してからは、常に関西若手漫才師の筆頭として「5upよしもと」や「よしもと漫才劇場」などで活躍し、お笑い界の新エースになることを期待されてきた。

そして、2018年のM-1グランプリ優勝を経て漫才界の頂点に立ってからは、全国ネットのTV番組でも引っ張りだこになっている。日本中から知られる人気者になる日も近いだろう。

関西出身で、共に業界の若きエースとして大活躍が期待されている2人。両者ともに2019年はさらに飛躍し、いつか共演する姿を見せてもらいたいものだ。

≪関連記事≫

堂安律がおばたのお兄さんに似ていると話題に…おばたのお兄さん本人はツイッターでアジアカップ出場を否定

【アジア杯】オマーン戦出場の新成人・堂安律と冨安健洋、成人式欠席理由がカッコよすぎると話題に

堂安律が大阪に凱旋!代表のガンバ3ショットに反響「ただいまパナソニックスタジアム」

アジアカップ日本代表招集の大型DF冨安健洋、名字を間違えると「冨安警察」が出動?

柴崎岳と南野拓実がヒゲを生やす!トルクメニスタン戦のワイルドな風貌が話題に

サッカー日本代表・南野拓実が山崎賢人似のイケメンだと話題に…「端正な顔だけじゃなくプレーもイケメン」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします