Advertisement

【ブンデスリーガ】内田篤人が古巣シャルケのホームでキッズフェスの子どもを見守る 「少しでもサッカーに親しみを」

 

【ブンデスリーガ】内田篤人が古巣シャルケのホームでキッズフェスの子どもを見守る 「少しでもサッカーに親しみを」
キッズフェスに参加した内田篤人(中央) (C) ユニクロ/JFA

元サッカー日本代表DFでドイツ・ブンデスリーガ1部のシャルケで長くプレーした内田篤人が11日、ドイツ・ゲルゼンキル匕ェンのフェルティンス・アレーナで開催された未就学児向けのサッカーフェスティバル「JFAユニクロサッカーキッズ」20周年大会に登場した。

◆内田篤人、古巣シャルケを訪問で地元メディアも凱旋に熱狂「上月を鼓舞、希望を託す」

■ユニクロとJFAの取り組み

キッズフェスティバル (C) ユニクロ/JFA

同フェスティバルがヨーロッパで開催されるのは初めて。同アレーナは、JFAユニクロサッカーキッズのキャプテンを務める内田が現役時代プレーした「シャルケ04」のホームスタジアム。

JFAユニクロサッカーキッズは、ユニクロが協賛、公益財団法人日本サッカー協会が主催する取り組みで2003年から実施。20周年記念特別版では、サッカーを初めて体験する子どもを含む、72名が、6対6のミニゲームを通し、サッカーの楽しさに触れた。内田もすべての試合に参加、会話やプレーを通して子どもたちと交流した。

子どもたちはスタジアム・ツアーにも参加。普段は立ち入ることができないプレーヤーズトンネルなどを楽しんだ。

久々にシャルケのホームを訪れた内田は「思い入れのあるシャルケに『ユニクロサッカーキッズ』を通して戻ってくることができ、とてもよかったです。このような素晴らしい環境でプレーした子どもたちが、少しでもサッカーに親しみを持ち、チームプレーの楽しさを知ってもらえたら、うれしいです」と古巣に思いを馳せつつ、コメントを寄せた。

元日本代表DFの内田篤人(c)Getty Images

また公益財団法人日本サッカー協会(JFA)田嶋幸三会長も「ユニクロサッカーキッズ創設周年という記念すべき年に、在独邦人のお子さんや現地のキッズにこのイベントを楽しんでもらえたことをとてもうれしく思います。今回、ドイツでこのイベントを開催できたのは、長年にわたる活動の成果の一つであり、また、内田篤人さんとシャルケのご縁があってのことです。日本人プレーヤーが海外で活躍するようになったいま、各種事業においてこのような交流事業が増えていくのではないかと思います。本イベントは、『世界の人々と友好を深め、国際社会に貢献する』というビジョンに資する活動であり、今後もこのような機会を通じて世界の多くの子どもたちと触れ合っていきたいと考えています」とイベントを讃えた。

Advertisement


◆【実際の動画】内田篤人、シャルケ凱旋のTweet

◆三笘薫、内田篤人との対談でカタールW杯を回想 “三笘の1ミリ”について本音「あんなに言われるとは…」

◆ノイアーと内田篤人…仲の良い2人がブンデスリーガ・シャルケ時代にチームメートだった際のエピソード

文●SPREAD編集部