Advertisement

【MLB】大谷翔平が“殺人打法”を披露!? 「ウェッブを殺そうとした」とジャイアンツ・ファンも投稿

 

【MLB】大谷翔平が“殺人打法”を披露!? 「ウェッブを殺そうとした」とジャイアンツ・ファンも投稿
エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は27日(日本時間28日)、サンフランシスコ・ジャイアンツとのオープン戦に「3番・DH」で先発出場。初回、マイク・トラウトを一塁に置き、昨季15勝を挙げたエース、ローガン・ウェッブ強襲の痛烈な当たりが、センター前へ抜け、2試合連続安打をマークした。

■「大谷シフト」解除で打率向上か

この試合、こともあろうか、テレビ中継がなく、SNSの投稿へ注目が高まった。番記者が大谷の打席詳報を伝えると10万以上の視聴が集まった。

◆【実際の動画】番記者によるトラウト、大谷翔平 vs. ローガン・ウェッブの詳報

さらに、サンフランシスコ・ジャイアンツ・ファンのトニー・バグズさんが、この大谷の打席を「大谷がウェッブを殺そうとした」と動画を投稿すると、これも1万以上視聴される結果に。動画では、大谷の打球を必死でかわすウェッブの姿が確認できる。

センター前へ抜けたこの打球、昨年までであれば「大谷シフト」の定位置とも見られるが、今季より極端なシフトが禁止される新ルールが登場。このため、大谷の一二塁間の打球は、この日のようにヒットになる確率も上がると見られ、大谷の打率向上にひと役買う可能性がありそうだ。

◆【実際の動画】大谷翔平の”殺人打法”披露!?

◆大谷翔平、米国で繰り返し浮上するカマラニ・ドゥンとの恋仲説とその背景

◆大谷翔平、連続試合安打もTV中継なしに悲嘆に暮れるファン続出 藤浪晋太郎と明日メジャー初対決へ 

文●SPREAD編集部

Advertisement