【WBC】佐々木朗希、初回から160キロ台連発の世界デビュー 最速164キロもエラーでチェコ共和国に先制許す

 

【WBC】佐々木朗希、初回から160キロ台連発の世界デビュー 最速164キロもエラーでチェコ共和国に先制許す
3月11日に世界デビューした令和の怪物・佐々木朗希(C) Getty Images

野球の世界一を決めるワールド・ベースボール・クラシックWBC)は11日、プールB・1次リーグ第3戦の日本対チェコ共和国の試合が行われ、佐々木朗希が先発した。

◆【実際の映像】佐々木朗希、最速164キロの世界デビュー 初回に奪った2奪三振

■初回から真っすぐ中心の組み立て

佐々木は初回から真っすぐ中心の組み立てでチェコ共和国に挑む。初回先頭打者のV.メンシクにはすべて160キロ台を計測しライトフライに打ち取った。

2番のE.ソガードを空振り三振に打ち取ったものの、3番のM.クラップに163キロの直球を捉えられ、二塁打を許す。続く4番のM.セルヴェンカはショートへのゴロとなるが、この日初スタメンの中野拓夢が一塁へ悪送球。これでチェコに一点を計上した。

佐々木は5番のM.メンシクを空振り三振に打ち取りこの回、先制を許したものの計10球もの160キロ台を魅せた。

◆【実際の映像】佐々木朗希、チェコ相手に160キロ台連発も… 中野拓夢の悪送球で1点失う

◆佐々木朗希「3・11」、21歳の世界デビュー初球は衝撃の162キロ

◆「欧州の中心」チェコ共和国が侍ジャパンに挑む 異色の“社会人チーム” ソガード課長にご用心

文●SPREAD編集部

Advertisement