【ブンデスリーガ】堂安律、鮮やかボレーで決勝弾 “ペッパーミル”で侍ジャパンにエール「WBC出場の皆さん頑張ってください!!」 

 

【ブンデスリーガ】堂安律、鮮やかボレーで決勝弾 “ペッパーミル”で侍ジャパンにエール「WBC出場の皆さん頑張ってください!!」 
フライブルクの日本代表MF堂安律(C) Getty Images

ドイツ1部・ブンデスリーガは日本時間12日、第24節のフライブルク対ホッフェンハイムの試合が行われ、日本代表MF堂安律が決勝ゴールを決めた。

◆【実際の映像】堂安律、左足でのスライディング弾 鮮やかに決めた今季3点目

■後半終了間際に魅せた

リーグ戦では2試合ぶりのスタメン出場となった堂安が、1-1で迎えた試合終了間際に魅せた。

後半44分、左サイドからのクロスに堂安がスライディングで反応。左足のボレーシュートが鮮やかに決まり勝ち越しに成功。2-1の勝利の立役者となった。

そんな堂安だが、試合後自身SNSを更新。今話題となっているあるポーズを披露したことを明かしている。

それは日本でWBCを戦う侍ジャパンが見せる“ペッパーミル・パフォーマンス”。ラーズ・ヌートバーや大谷翔平らが披露しているお馴染みのポーズだ。

堂安は、「3 points 話は変わりますがWBC出場の選手の皆さん頑張ってください!! 応援してます。 #ペッパーミル」とコメントを添えてパフォーマンスを紹介している。

昨季のカタール・ワールドカップでは2ゴールを決めて日本の躍進に貢献した堂安だが、同じ日の丸を背負う戦士たちに向けてエールを送った形となった。

◆【実際の映像】堂安律、決勝ゴール後に披露したペッパーミル「WBC出場の選手の皆さん頑張ってください!!」

Advertisement


◆「魔法のよう」絶妙アシストで3戦連続MOMの久保建英、現地メディアが“最高評価”で激賞!「試合のハイライトだ」

◆大谷翔平と“たっちゃん”も大爆笑 牧秀悟の試合前円陣が話題「あとから行く人たち、もう準備できてます」

文●SPREAD編集部